ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
知って得する入学式のマナー(女の子編)
入学式 女の子のマナー
 

知って得する入学式のマナー(女の子編)

新しい学校生活のはじまりである入学式は、とても晴れがましくおめでたい行事です。さらに入学式は、喜ばしい行事であることと同時に、厳粛な式典でもあります。ですから、入学式にふさわしいマナーを知り、守ることは必須と言えるでしょう。
ここでは、入学式の際の服装やマナーなど、女の子に限定した情報を紹介していきます。

入学式での女の子の服装はどのようにすべき?

入学式での女の子の服装は学校に合わせたフォーマルな格好に

入学式は、入学する子供にとって晴れの舞台であると同時に厳粛な節目の式典です。そのような改まった場には、やはりそれなりに改まった服装がふさわしいといえるでしょう。ですから、幼稚園から小学校、中学校、高等学校、大学、大学院、専門学校と学校の種類を問わず、入学式という節目の儀式にはその年齢や学校に応じたある程度フォーマルな服装が求められます。普段着用のTシャツにパーカー、スニーカーなどは周囲から浮いてしまいかねません。
また、学校によって制服着用ということもあれば、制服まではいかないものの、服装の指定や推奨が、あらかじめ学校からなされる場合もあるようです。そうした場合は、学校側の指示に従うようにしましょう。また、学校側から特に指示がない場合も、入学式などの式典の際のドレスコードに関する学校独特の伝統や、学校のある地域の暗黙のルールといったようなものがあるかもしれません。例年の入学式ではどのような服装が普通なのかを調べてみるのも良いかもしれません。

指定が無い場合の女の子の服装は?

特に服装の指定や推奨されるものがない場合は、スーツやブレザー、ワンピースが女の子の入学式の服装として主流なようです。基本的にはあまり奇抜すぎず、派手すぎずという意識であれば、入学式の服装として望ましい範囲から大きくはずれることはないでしょう。また卒業式と比べると、入学式の服装には明るい色合いが推奨されることが多いようです。
幼稚園生や小学生、中学生、高校生あたりまでは、何から何まで親御さんなど保護者の方が逐一用意してあげることになるかと思われますが、年齢や学校の段階に応じたフォーマルな服装を見繕ってあげましょう。
年代に応じた流行り廃りはあるでしょうが、幼稚園や小学生ではワンピースにボレロを羽織るかわいい感じのコーディネート、色合いやデザインも選択肢があって選び甲斐があることでしょう。足元は黒い革靴にタイツか白いソックスが無難なようです。
一方、中学生や高校生では紺ブレザーに白いブラウスやセーターとプリーツスカートという、ブレザーに合わせる感じが多く見られるようです。足元はローファーなどの黒い革靴にタイツか白い靴下となります。大学生や専門学校生などになると、スーツがほとんどとなります。入学式には華やいだ色合いが好まれるとはいいますが、スーツはさすがにパステルカラーやアースカラーともいかず、グレーなどの落ち着いた色合いがほとんどでしょう。かわりにシャツに淡いピンクやブルーの色を持ってきたり、フリル付きといった装飾性で地味にならないコーディネートが見受けられます。また、ボトムはスカートとパンツどちらでも構わないようです。スカート丈は短すぎず、膝下あたりの長さのものにし、足元は高すぎない程よい高さ(5センチ程度)のヒールのパンプスとなります。パンツスーツのときも素足でなくタイツを履くようにしましょう。

入学式に関連する事柄への女の子のマナー

入学式の式場での一般的なマナー

入学式は先にも触れたように、節目の式典という真面目な行事です。式の進行を妨げるような行為は絶対に避けなければなりません。そのために気をつけるべきこととしては、たとえばスマートフォンなどの携帯端末の電源を切っておくことがあげられます。マナーモードなど、音がならなくてもバイブレーション機能にしていれば、周りの人たちの気を散らす可能性があります。もちろん、式の最中にスマートフォンでいろいろと操作するのもやめましょう。また、音という点では、私語も慎みましょう。入学という新しい環境への期待感もあって高揚した気分から、新しく知り合った友人や、以前からの友人と会話が弾むのは当然ですが、式の最中に不要な私語をするのは著しくマナーに反します。
そのほかの注意点としては、コートなどは屋内で脱ぐのが一般的なマナーです。式場ではコートを羽織ってはいけません。もし、入学式の日が冷え込みそうなら、寒さの調整にカイロを持ち込み、防寒用のインナーを着込むと良いでしょう。

入学した際にお祝いをいただいたときは?

入学式に直接関係はありませんが、入学式というおめでたいイベントには、一般的にお祝いの金品がつきものです。両親、祖父母をはじめとする親戚や親しいご近所の方などの周囲の方からも、入学のお祝いは入学式以前のタイミングでいただくことが一般的です。そのお返しは基本的にしなくて良いことになっていますが、本人が直接お礼をいったり、お礼状を送るのが良いとされています。そうしたお礼がまだできてないときは、入学式の後であれば「無事、入学式を終えました」と報告を兼ねて一緒にお礼をできるいいタイミングかもしれません。