ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
入学式のマナーとして心にとめておきたいこと
入学式のマナー
 

入学式のマナーとして心にとめておきたいこと

幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学校など、学校の分類にかかわらず、入学式は子供の成長にとって晴れがましいと同時に大きな節目の式典です。主役として出席するお子さんはもちろん、付き添う保護者も、そうした節目に相応しい、しかるべき服装で式典に臨む必要があるだけでなく、入学式という厳粛な場で周囲に迷惑をかけるような行為は慎まなければなりません。ここでは、入学式のマナーについてお話していきます。

入学式へはどのような服装で臨めばいいのか

入学式に際しての保護者の望ましい服装

子供が新たな社会や成長へ第一歩を踏み出す入学式というものは、大変晴れがましく、おめでたい行事です。付き添われる保護者の方の喜びもひとしおでしょう。服装にも気合いが入るかもしれません。ただし、気をつけたいのは主役は子供ということです。付き添いの保護者の方の服装としては略礼装のインフォーマルな格好が推奨されています。男性ならダーク・スーツ、女性なら改まった感じのスーツやワンピース、紋付の色無地や訪問着、付下げなどが相当します。色合いは春めいたものでも良いかもしれません。

入学式に際しての子供の望ましい服装

子供の服装に関しては、入学する学校に制服がある場合と制服がない場合とで違ってきます。幼稚園や小学校、中学校、高等学校でも日常的に制服の着用があるのなら、制服を着用することになります。また私服可でなおかつ制服がある場合も制服が無難なようです。
一方、制服がない場合なら何でも良いかというと、そういわけでもありません。学校側から入学式の服装の指定や指導がなされる場合もありますから、学校側の指示があればそれに従いましょう。特に指定がなければ、スーツ、ブレザーにパンツ、セーターにパンツといった格好が主流のようです。もう少し細かく分けると、幼稚園生や小学生で男の子なら紺ブレザーに白いシャツ、ハーフパンツに白いハイソックス、黒い靴、女の子なら改まった感じのワンピースに、白い靴下、黒い靴が無難であるとする向きもあります。
大学生や専門学校生になる場合は、ほぼスーツということになるようです。就職活動をはじめ、ほかにも何かの機会に改まった場に使えるように、用意してあげると良いかもしれません。

入学式の最中や前後で気をつけたいこと

入学式の前には?

入学式の式次第をはじめとする当日の予定が、入学する学校からお知らせとして事前に配布されると思われますので、それをしっかり確認しましょう。入学式は、保護者にとっては子供の晴れ姿を見られると浮き立つような気分で一杯かもしれませんが、新たな世界へ踏み込む子供は嬉しさや希望と同時に、緊張と不安を抱えている可能性もありますから、そのあたりをフォロ−してあげるようにすると良いでしょう。
また、当日、入学式の前に校門などで写真を撮りたいというときは、早めに到着するようにしましょう。

入学式の最中に気をつけたいこと

入学式は厳粛に行われるべき式典です。ですから、式の進行を妨げたり、周囲に不快感を与えないように心がけましょう。具体的には、まず騒音に気をつけましょう。携帯電話やスマートフォンなどの携帯端末の電源は切っておきます。消音にしていても着信などの振動は、思っている以上に響くものです。また知人が隣の席になっても、私語は慎みましょう。周囲の保護者にとって迷惑です。入学する子供の弟や妹など小さい子を連れている場合は、席を出口付近にして、ぐずったり騒いだときには速やかに退出できるように気をつけます。できれば誰かに預けておいた方が無難かもしれません。また付き添いの人数は、式場のスペースの問題もありますから、両親だけにとどめておいた方が良いでしょう。
また、ありがちな迷惑行為としては、他者や式の進行をはばからない写真撮影があります。たしかに、それぞれの学校で入学式は一度しかないでしょうから、子供の晴れ姿をしっかりと記録に残しておきたいという気持ちは分かりますが、他人の迷惑になってもいいわけではありません。着席した状態で写真は撮りましょう。もし、学校側が撮影可能なスペースを用意していれば、そこで撮りましょう。また、カメラを支える三脚などは場所をとるので、より簡易な一脚にすると良いかもしれません。それから、フラッシュを使って盛んに撮影するのも控えましょう。

式が終わった後は?

式が終われば、子供達は退場して、また一旦各自の教室へ戻って配布物の配布などがあると思われます。保護者も教室へ付き添うこともあれば、そのまま残ることもあるでしょう。とにかく学校側の指示に従いましょう。すべて終われば、一緒に教室を出るか校庭などで迎えるか分かりませんが、学校を後にします。このとき、校門などで記念撮影する方も多いことでしょう。特にお祝いの席をとっていて、その時間が迫っているというわけでもなければ、式の前より後の方がゆっくり記念撮影できて良いかもしれません。