ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
女子だけで行う前祝いがブライダルシャワー
ブライダルシャワーのマナー
 

女子だけで行う前祝いがブライダルシャワー

結婚は、一組の男女が一緒になるおめでたいイベントです。ですが、一緒になることは幸せなことばかりでもありません。独身時代にしかできなかったようなことは、もうできなくなります。そのため、女子だけの前祝いであるブライダルシャワーにこだわる人も少なくありません。どのような内容なのか、詳しくご紹介します。

ブライダルシャワーとは

ブライダルシャワーとは?

よく聞く言葉だけれど、一体どんな催しなのか? よくわからない方も多いでしょう。ブライダルシャワーとは、簡単に言うと「結婚前の花嫁を祝うための女子会」のことです。欧米発祥の文化として、海外ドラマなどでよく見られるパーティーで、主に結婚式の2ヶ月から2週間程度前に自宅やレストランなどで行われます。「シャワー」の意味は、まるでシャワーからお湯が降り注ぐ様にたくさんのプレゼントを贈る」ことから名付けられた様で、パーティーの席では友人・知人からのお祝いの贈り物が、テーブルに所狭しと並ぶのがお決まりの光景です。

ブライダルシャワーの特徴

日本ではあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、欧米においてはごく一般的におこなわれているものです。参加者としては、主役である花嫁の姉妹や従姉妹、その他親しい友人などとなります。友人のみで楽しむバチェロレッテパーティーとは、このあたりが少し違ってきます。また、花嫁にたくさん贈られるプレゼントは、結婚式や新婚生活で花嫁だけが使うものと決められてはいるものの、その場で花嫁が1つ1つのプレゼントを開け、中にはウケ狙いのものがあったり皆で楽しい時間を過ごします。
開催時期は、そこまで厳密に決められていませんが、比較的結婚式に近い日取りが理想的となってきます。とはいえ、直近過ぎるとブライダルシャワーにおける浮かれた気分や疲れが結婚式当日に残ってしまうかもしれません。そのため、だいたい2ヵ月前~2週間前が一般的です。独身女性であれば、働いている人も多いことでしょう。期間を広めに考えて、みんなが参加しやすい日取りを決めるとよいでしょう。

ブライダルシャワーが広がったきっかけ

欧米発祥の文化であるブライダルシャワーは、もともと日本にありませんでした。ではいったい、どのようなきっかけで入ってきたのでしょうか。広く知られる発端となったのは、人気の海外ドラマであるといわれています。女性セレブが登場する海外ドラマは、近年国内でも人気です。その中のひとつとして、ブライダルシャワーの文化が魅力的に紹介されたのです。華やかに、かつおしゃれに楽しまれるパーティーだけに、すぐに国内でも真似する人が増え始めたというわけです。また、似た存在にベビーシャワーというものもあります。こちらも同様、出産を祝うパーティーを指します。やはりこちらも欧米から入ってきたものとなっており、若者に人気です。

どんなブライダルシャワーをすればいいのか

ブライズメイドを決めましょう

ブライダルシャワーは、結婚する主役の女性本人が取り仕切るものでもありません。実は、参加者である別の女性がホストのような役割を果たすのが一般的となっています。姉妹がいれば姉妹、取り仕切りの得意な友人などがその役を担います。ブライズメイド次第で、ブライダルシャワーの満足度は大きく変わってくるでしょう。人選をこだわって選ぶことがポイントとなってきます。

シチュエーションやファッションにこだわろう

前記した様に、ブライダルシャワーは自宅やレストランなどで行われるケースが主ですが、より賑やかで華やかなパーティーにしたいと考えるなら、開催する場所はもちろん、ドレスコードを設けるなどの工夫をするとより一層盛り上がるでしょう。また、開催する空間に写真やバルーンなどの装飾を施すことにより、特別なパーティーらしい雰囲気を出すことができます。さらに、よりパーティーを華やかにする工夫として、マカロンタワーを置いたり、可愛らしいオードブルセットを設けたり、さらにはビュッフェ形式にしてお花やフルーツなどをテーブル上に置くなどのアイデアもおすすめです。女子限定のイベントなので、どんなパーティーにすれば主役が喜んでくれるのかを第一に考えて雰囲気作りをしましょう。

プレゼントを持ち寄る

ブライダルシャワーのメインイベントともいえるのが、このプレゼントです。先にも少し触れましたが、プレゼントは花嫁だけが使うものです。化粧品やバスグッズ、キッチン用品といった実用的なものから、結婚式当日に受付に飾れるような小物などが人気となります。また、ちょっとセクシーなランジェリーや大人のおもちゃといった、まさに男子禁制の空間だからこそ持ち寄れる物を持参してもよいでしょう。ひとりひとりが発表して主役の女性が大きなリアクションをとる、そんな雰囲気はきっと大きな幸福を味わわせてくれることでしょう。未来の花嫁も、参加者女性も、満足できること必至です。