ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
結納返しの目的とは? 相場と必要なものについて
結納返しのマナー
 

結納返しの目的とは? 相場と必要なものについて

結納といえば結納金が有名であるため、一見男性側が主役のようにも思えます。ですが実際は、女性側もまた準備するものがあるため、楽観的にしてはいられません。それこそが、その名も結納返しです。贈られた結納金に対して、感謝の気持ちを込めてお返ししてください。ここでは、その際の基本的なポイントについてご紹介しています。ぜひ参考になさってください。

結納返しとは

結納返しについて

結納といえば結納金、そんな風に考えている人も少なくないのではないでしょうか。確かに、両家集まっての一大イベントにおける重要なポイントとなるのに違いありません。では、女性側は特に準備せず待ち構えておくだけでよいのかといえば、そうでもありません。むしろ、男性側以上に準備は大切であるといえます。なぜなら、男性側の贈り物がお金であるのに対し、女性は物も合わせて選ぶのが通例となっているためです。これこそが、結納返しです。結納金は、決して少ない額でもありません。気持ち的な面はもちろん、しきたりとしての意味合いも込められているため、両家にとっても好ましい空気が流れることでしょう。

意識すべきポイント

物とはいえ、何でもいいわけでもありません。結納金はお金に限られる一方、物は好みでさまざまなものが選べてしまいます。それだけに、自由度も高まることでしょう。ですが、あくまでしきたりに則っておこなう行事です。相応しいものを選択して、理想的な結納の日を目指しましょう。
まずは、結納返しの金額についてです。結納金のお返しではありますが、女性側からのものはまた別に袴料と呼ばれる場合もあります。結納金の相場がだいたい100万円といわれているため、その前後を参考にしたくなる人が多いかもしれませんが、相場についてはあまり明確にされていません。というのも、家や地域によって結納返しに使うお金は違ってくるためです。主には、関東が質素であり関西や九州は豪華な傾向となっており、冬場の気圧配置同様に西高東低といわれています。ただ関西以西の一部地域においては、お返しをしても1割、もしくはしない場合すらあります。これには、男性側が格上であり迎え入れる側なので、金銭的な負担は男性側が背負うべきといった考えが影響しています。
物については、腕時計やスーツ一式、商品券といったものが定番となっています。古くからの文化を重んじたイベントの割に、少々現実的な印象かもしれませんが、結婚してからも仕事を頑張ってほしい、大黒柱として精進するきっかけにしてほしいなどの気持ちが込められています。また近年に関しては、あえて結納金を相場より少なくして、その分結納返しはしないといった家も出てきているそうです。余ったお金は新生活の足しにできるので、こちらもまた理に適った方法といえるでしょう。

結納返しの相場と必要なもの

結納返し相場で気をつけるべきポイント

基本的に結納返しの相場は存在しないといえます。家それぞれや地域によって、傾向が異なるためです。しかし、古くからのしきたりだからこそ、忘れてはならないポイントも存在します。男性側と比べ自由度が特徴的とはいえ、注意してください。
たとえば、金額についてです。中途半端な額でなく、30万円、50万円、80万円といったきりのよい数字を選ぶのが基本となっています。男性側の結納金と同じようなきりのよさを表せますし、正式な行事だからこその礼儀正しさも感じさせます。ただ、きりがよければいくらでも問題ないというわけでもありません。きりのよい額のなかでも、避けるべき金額があります。それは、40万円や90万円です。これらは死や苦を連想させる「4」「9」が入っているため、縁起が悪いとされています。縁起を重んじる日本の伝統的行事において、欠かせない部分になってきます。

結納返しに必要なものとは

結納返しといっても、ただ現金や物を用意するだけではありません。それでは、少々味気ないものとなってしまうことでしょう。結納においては、女性は「結納返し一式」を用意するのが伝統的であり、また定番的とされています。少々複雑な内容ですが、式場プランナーなどに相談するとスムーズに準備してもらえます。
まずひとつに、結納返しのお金と物です。これらもまた、一式に含まれる存在となっています。またその他、日常では馴染みのないようなセットももちいます。こちらは形式によって異なるので、注意してください。
まず関東では、目録・熨斗・御袴料・子生婦(こんぶ)・寿留女(するめ)・友白髪(ともしらが)・末広(一対の扇子)・家内喜多留(やなぎだる)のそれぞれとなっています。続いて関西は、目録・熨斗・末広・御袴料・肴料・酒料といったものが主流となっています。聞きなれないものばかりかと思われますが、主にはお金や飾りなどとなります。どうしてもややこしく感じられる場合は、略式結婚を選ぶとよいでしょう。結納返し一式もまた簡略化されており、熨斗・末広・御袴料といった現金のみで済ませることが可能です。