ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
婚約指輪をもらった感謝を込めてお返し
婚約指輪 お返しのマナー
 

婚約指輪をもらった感謝を込めてお返し

プロポーズのとき婚約指輪をもらった女性は、さぞ喜びに浸れることでしょう。愛が伝わるのはもちろん、結婚への憧れを強く持つタイプともなればなおのことです。ですが、その際のお返しに関する知識まで持っている人は、あまり多くないかと思われます。婚約指輪のお返しに関する知識を、まとめました。

お返しの定番アイテム

婚約指輪にお返しって必要?

まずそもそも、お返しが必要なのか不思議に思う人も多いかもしれません。プロポーズといえば、婚約指輪が定番的である一方、お返しについてはあまり知られていません。ですが、もらった女性側もまた、お返しを用意するのがマナーとなっています。親しき仲にも礼儀ありとはよくいわれたもので、近い将来夫婦になる相手とはいえ、感謝の気持ちを表すことが重要であるためです。
また、渡すタイミングもポイントになってきます。プロポーズさせる瞬間が何となく察せられていたとしても、同日指輪をもらったタイミングで交換するといった方法はもちろんNGです。それどころか、お返しについてもマナーというものが存在します。最適なタイミングで相応しいものを用意して、喜んでもらいましょう。

定番のお返しアイテムとは

女性側が、プロポーズのタイミングで定番の指輪をもらいたいと考えるのと同様に、男性側も定番的なお返しを期待しているかもしれません。いったい、どのような品物が人気なのでしょうか。
まず大定番といっても過言でないものとして、腕時計が挙げられます。特徴としては、指輪と同じでいつもつけていられるということです。女性側は指輪を、そして男性側はお返しの腕時計をつけているとなれば、いつまでもプロポーズの瞬間の気持ちを忘れずにいられるのではないでしょうか。婚約記念日のたびにお互い渡し合ったものをつけてデートすれば、愛情の深まりもひとしおといったところでしょう。
次に、スーツも定番のひとつに数えられます。夫婦においては、基本的に男性側が稼ぎ頭となります。そのためパートナーに似合いそうなスーツを用意して、これから頑張って働き続けてもらいたいという想いを伝えてみてはいかがでしょうか。また、大人の男性はあらゆるシーンでスーツを必要とします。仕事だけでなく、冠婚葬祭においても何かと重宝します。あって困らないものなので、もらって喜ばれないはずがないといったところです。
少々コンパクトな品となりますが、ネクタイピンもまたおすすめのひとつです。こちらもまた腕時計同様、いつもつけていられるというメリットが特長的です。そして物が小さいため、上質なものを選んでも値が張りにくいです。予算をあまりかけられない、そんなときでも質にこだわれる、ひと品ではないでしょうか。

相場はどれくらい?

婚約指輪は、決して安いものでもありません。それどころか、ある程度奮発して用意することが定番的です。お返しといえば、もらったものへのお礼の意味合いが込められるので、同じく高級な物になりがちかと感じるかもしれません。ですが、実際はそうでもありません。それどころか、婚約指輪の3割程度にあたる金額が理想的といわれています。これには、男性を立てるという意味合いも込められています。もし予算に余裕がある場合であっても、あえて控えめに用意することが適切なマナーです。

お返しを渡すタイミング

マナーに適したタイミング

マナーの観点から考えると、お返しはもしかすると婚約指輪以上にタイミングが重要であるかもしれません。なぜなら、プロポーズは二人きりのときおこなうのが一般的ですが、お返しについては親族を交えた席で手渡す形となるためです。つまり、パートナーだけでなく相手方親族への印象にもかかわる存在となります。相応しいタイミングで、マナーに適した渡し方をおこないましょう。

手渡すタイミングとは

理想のタイミング、それは両家顔合わせのときです。まず現地へ向かう際、婚約指輪をつけてはいきません。ケースに入れた状態で持参する形となります。そして顔合わせの会の進行具合を見計らって、よい頃合いで指輪のお披露目をおこないます。結婚を誓い合った仲であるということを、両家の家族に発表しましょう。そしてこのとき使用するのが、婚約指輪です。ケースから出して、幸福な雰囲気の中で手にはめてください。
男性への品渡しは、この指輪を披露したあととなります。婚約指輪に対するお返しであるという意味合いも伝わりやすく、マナーとしてだけではなく、タイミングとしても理想的でしょう。このとき、プレゼントはきれいに包装して用意するのが一般的です。前述の通り、親しき仲にも礼儀ありですから、すぐに取り出すと分かっていてもこだわりが重要となってきます。
指輪やお返しは、場合によって二人揃って選ぶというケースもあることでしょう。形式張り過ぎない最近の風潮においては、なおのことです。ですが、形式を大事にすることもまた、のちの夫婦生活を占う重要なおこないです。ぜひ、こだわってみてください。