ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
新盆のお返しには何が最適なの?
新盆のお返しのマナー
 

新盆のお返しには何が最適なの?

新盆は他のお盆とは違って、親戚や友人知人などを招いて法要が営まれます。そのため、お返しの品が必要になることに注意しなくてはいけません。新盆のお返しをする際にどんな点に気をつけるべきなのでしょうか?また、お返しとして適切な品物等について解説します。

新盆とは?

新盆とは?

新盆とは忌明けが過ぎてから初めて迎えるお盆のことです。忌明けとは四十九日が過ぎてからという意味ですが、もし四十九日の間にお盆を迎えるならば、翌年のお盆が新盆ということになります。

そもそもお盆って何?

新盆は最初のお盆というわけですが、では、そもそもお盆とは何なのでしょうか? 現代日本では地方によって7月または8月の13日からの3日間がお盆とされています。「お盆休み」を実施する会社も多く、この時期になると帰省ラッシュの渋滞などがニュースで取り上げられるのも毎年恒例です。
お盆の語源はサンスクリットの盂蘭盆(うらぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)です。旧暦7月15日に死者を祀る行事として、現在でも世界中の仏教国で執り行われています。日本では地方によって7月または8月になりますが、やはり亡くなった方の霊を家に迎える行事であることに変わりはありません。

新盆ならではの意味

以上のようなお盆の意味合いを考えると、新盆は亡くなってから初めて家に帰ってくる霊を迎える日となります。そのため、通常のお盆よりもすべてを丁重に行うことが特徴です。
たとえば、いつものお盆ならば家にお坊さんを呼んで読経してもらうようにしている家もありますが、最近ではそれさえ省略される傾向があります。ところが、やはり新盆の法要はしっかりと行われることがほとんどです。多くの場合、お寺や専用施設で親戚や友人知人を招いて法要を行い、精進料理をふるまう会食の席が設けられます。
そして、注意しなければいけないのは招かれた人はお香典、親しい方ならば提灯代を必ず持って行くという点です。したがって、新盆ではこうした方々へのお返しをどうするのかという問題が発生します。

お返しの内容

会食もお返しのうち

一般的に、法要の後に会食の席を設けておもてなすことが初盆のお返しとされます。しかし、会食は絶対に行わなければならないものではありませんし、何もやらなかったからといって失礼にあたるわけでもありません。もし会食を行わない場合は、法要の後にお酒と折詰弁当をお持ち帰りいただくのも一つの手でしょう。

引き出物は絶対に欠かせないお返し

何に於いても絶対に忘れてはいけないのが「引き出物」です。会食とは違い、こちらは欠かすことで大変失礼にあたります。そして、お返しする際は、黒白または銀の結び切りの水引きを使用します。のしの表書きには「志」「新盆志」「新盆供養」と書き、下段に施主名もしくは○○家と書きましょう。ちなみに引き出物の相場は、香典の3分の1~半額程度が一般的とされていますが、地域や法要の内容、さらには会場によって大きく異なります。概ね5,000円〜10,000円程度が多いようなので、参考として覚えておきましょう。しかしながら、会食の席を設けたからといって、お返しの額を低く見積もるのはNGです。なぜなら、会食に招かれた方は3,000円〜10,000円程度香典にプラスして持参しているケースが多いからに他なりません。