ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
二人の未来を決める結婚、プロポーズ
結婚 プロポーズのマナー
 

二人の未来を決める結婚、プロポーズ

言わずとしれて、結婚は人生の一大イベントです。特に、結婚できるかどうかが決まるプロポーズの瞬間は、まさに一世一代の大勝負といったところです。今回は、そんなプロポーズについてお話します。コツや準備などを知っておくことで、幸せの瞬間はぐっと引き寄せられることでしょう。今まさに結婚を考えているというタイムリーな方は必見です。

相手に伝えるタイミング

プロポーズをする理想のタイミングとは

プロポーズをするだけなら、1年365日、いつでも可能でしょう。なぜなら、いつも一緒にいる相手に、結婚したい旨を伝えるだけですから。しかし、だからと言っていついかなる時でも上手くいくか? と言われたら、それは何とも言えません。なぜなら、女性は殊更雰囲気や気分を重視します。そのため、気分が最高潮に達するその瞬間を逃さず、プロポーズに踏み切るべきでしょう。
とはいえ、雰囲気だけでなく、「言うタイミング」も大事です。例えば転職して間もない時期や、仕事が上手く行っていない時、さらには相手の気持ちを確かめず、一方的に結婚の意を伝えたいと思っているなどはあまり成功率が高いタイミングとは言い難いものがあります。何も全てが上手くいっている時期を狙ってプローズしなければ、上手くいかないと言っている訳ではなく、相手の気持ちを何となく確かめ、仕事における先の見通しがある程度見えてきたタイミングを計って臨むのが理想的でしょう。

二人ならではの記念日

1年のうち、国民の休日やイベント事などはさまざまに存在します。ですがそれは、誰もに平等に訪れるありふれた瞬間に違いありません。本当に気持ちを伝えたいなら、二人ならではの記念日に合わせるのが手です。たとえば、付き合い始めた記念日や、初デートした日、さらには初めて出会った日などが代表的です。プロポーズすることは隠しておいて、さりげなく誘い出してサプライズ的に告白。そんな展開こそ相手が思い描いていた理想のプロポーズだったりするのではないでしょうか。記念日当日に振り返り、二人が歩んだ時間を思い返しながら、将来に向けた話も振ってみることで、結婚する意思や誠意が伝わるのではないでしょうか。

愛が深まるイベントを活かす

ありふれたイベントデーとはいえ、愛が深まる瞬間であれば有効です。典型的ではありますが、クリスマスやホワイトデーなどはいかがでしょうか。いずれも恋人たちの記念日であり、愛を伝えるにはもってこいのタイミングといえます。イベントを祝うための日と見せかけて、まさかのタイミングでプロポーズをすれば、成功率もグッと高まるのではないでしょうか。
さらにもうひとつ、彼女の誕生日に合わせてプロポーズするのもおすすめです。一人に1日ずつ与えられた特別な日だけに、愛を伝えられると満足感はひとしおといったところです。プレゼントを渡す良い機会でもあるため、指輪も受け取ってもらいやすいでしょう。また、自分の記念日を大切にしてくれているということも伝わって、届く愛情は2倍になるかもしれません。普段以上に、成功率は高まることでしょう。是非試してみてはいかがでしょうか。

準備しておくもの

プロポーズの定番準備

プロポーズに欠かせないものと言えば、何と言っても「婚約指輪」でしょう。いわゆるエンゲージリングのことで、その名の通り結婚の約束を誓い合うためのリングとなります。大きな特徴としては、1粒のダイヤモンドがあしらわれているということです。それだけに、少々値が張るケースも少なくありませんが、用意しておくに越したことはありません。
また、タイミング同様、こちらもプロボーズの成功率を高める大きな存在のひとつとなります。人気のものや高価なものを準備しておけば、それだけ自分のことを思ってくれているという風に感じてもらえるかもしれません。近年では、婚約指輪なしのプロポーズも増えてきているようですが、やはりプロポーズは婚約指輪を渡すものという考え方は広く残っています。女性側も期待していることが多いので、やはり準備しておく方が良いでしょう。

渡すための準備もポイント

一口に「準備」といっても、それは物だけではありません。プロポーズにおいてもうひとつ欠かせないのは「サプライズの準備」でしょう。タイミングや物にこだわっても、驚きや喜びのないプロポーズであれば、あまり心に響かないかもしれません。女性は感動や興奮に強く心揺さぶられます。相手が自分に相応しいかどうかはもちろん、気が利く点も重視するのではないでしょうか? つまり、いかに考えて準備をしたか? というプロセスも重要だということです。
おすすめとしては、「友人に協力してもらい盛大なイベントにする」、「ホテルの一室を貸し切って特別な空間で伝える」などの派手なものから、「普段と変わりない状況でさりげなく婚約指輪を渡す」といった自然体なものまでさまざまです。とにかく、パートナーが喜ぶであろう理想的なシナリオを考えてみてください。一般的におすすめな方法でも、彼女の好みにあっていなければ意味がありません。自分好みの喜ばせ方をちゃんと考えてくれている、そんな心遣いもまた、OKをもらうための重要なポイントになってくるでしょう。この人と結婚したら、いつまでも新鮮な喜びや愛情を味わい続けられそう。そんな期待感を抱いてもらえるよう、一生懸命考えて工夫してみてください。