ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
誕生石の種類と意味・贈り物としての活用アイディア
季節と暦、行事関連マナー
 

誕生石の種類と意味・贈り物としての活用アイディア

産まれた月を象徴する宝石を身に付けていると幸せになる、という言い伝えを聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。大切な方へのギフトや自分自身のお守りにも検討したい誕生石の種類、贈り物としての活用法をご紹介します。

誕生石とは

誕生石の意味・由来

誕生石は、産まれた月によって異なるストーンを身に付けておく事によって、持ち主を守ってくれるお守りになるとする考え方に由来します。由来については複数の説があって、旧約聖書に書かれているイスラエルの祭祀の胸当て十二の宝石がもとになったと考えるもの、新約聖書に書かれている新エルサレム城塞の土台に飾られた宝石がもとになったと考えるものなどが有名です。

誕生石の種類・特徴

誕生石の種類と特徴を一覧で見ていきましょう。

●1月ガーネット:宝石言葉に「貞操」「真実」などを持つルビーレッドのストーンです。古くから魔除けに使われていて、十字軍の護身符にも採用されていたとされています

●2月アメシスト:「誠実」「心の平和」などを示すストーンです。紫水晶とも呼ばれて、キリスト教徒のロザリオ・指輪などにも活用されます

●3月アクアマリン:水の星座との相性が良くて、パワーを高めてくれると言われています。人魚の涙から産まれたという逸話もあるロマンチックな宝石と言えるでしょう

●4月ダイヤモンド:地球上で最も硬い鉱物として知られる宝石です。希少性と人気が相まって、他を圧倒するほどに高価な原石もたくさんあります

●5月エメラルド:宝石言葉に「幸福」「幸運」を持つ、深い緑が印象的なストーンです。心身を落ち着けてくれる効果があるとも考えられていて、いつも穏やかでいたい方には適しています

●6月パール:宝石の女王として君臨する宝石です。パールのもとになる母貝の種類によって色調や輝き・大きさが変わります

●7月ルビー:ダイヤモンドの次に硬いと言われているストーンです。燃えるような赤が情熱をかきたてるスピリチュアルストーンとして扱われます

●8月ペリドット:夫婦の絆や幸福の象徴ともされて、古代エジプトにおいて護身符に使われていた宝石としても知られています

●9月サファイア:コランダムという鉱物の中で青いものをサファイアと呼んでいます。聖職者が持つ宝石として指輪に使われてきた歴史があって、信者の苦しみを救ったり慈悲を与える象徴とされる石です

●10月オパール:シーザーがクレオパトラに贈ったという逸話もある美しい宝石です。オパールの他、ピンクトルマリンを10月の誕生石とする事もあります

●11月トパーズ:ギリシャ語の「探し求める」を語源に持つミステリアスな宝石です。「友情」「希望」という宝石言葉から、友人や大切な方への贈り物にも使われます

●12月ターコイズ:「成功」を宝石言葉に持つ商売繁盛の宝石です。ターコイズブルーとも言われるように鮮やかなカラーが印象的で、アクセサリーのアクセントにも採用されます

誕生石を使った贈り物とは

出産祝いのベビーリング

ベビーリングとは、赤ちゃんが産まれた時に健やかな成長を願って贈る指輪です。誕生石をはめ込む事によって幸運を呼び寄せて、病気や怪我を遠ざける願いが込められています。もともとはヨーロッパで始まった習慣ですが、日本でも取り入れる方がいるようです。両親の誕生石を一緒に入れる事によって、家族の絆の象徴とするあり方も検討されます。
両親から子供に贈るのはもちろんの事、友人の出産祝いにするのも喜ばれます。テディベアやフラワーアレンジメントとセットにしたギフトもあるため、予算に応じて柔軟に選択できるところも便利でしょう。大きくなったらブレスレットにリメイクするなど、いつでも身に付けていたくなるパートナーとして、大切にしてもらえます。

結婚記念日のメモリアルリング

結婚から5年、10年といった節目の年に贈り合うプレゼントにも、誕生石のアクセサリーはぴったりです。結婚指輪に重ね付けできるデザインなら、夫婦が重ねてきた歴史を象徴するプレゼントとして、愛情が伝わる事でしょう。指輪はなかなかしないというご夫婦なら、ネックレスやブレスレットもおすすめです。石の大きさやデザインによって値段や雰囲気は変わってくるため、贈る相手の雰囲気やお財布事情に合わせて選んでみましょう。
結婚から10年目の記念日には「スイートテン」とダイヤモンドジュエリーをプレゼントする文化もあるため、誕生石との組み合わせデザインも検討できます。結婚したタイミングでは十分なグレードのリングを贈る事ができなかった男性でも、10年たった時なら多少の余裕が出ている状況かもしれません。遅ればせながら、とサプライズで用意すれば、夫婦の絆はより深まります。女性から男性に贈るギフトとしても問題ないので、パートナーへの贈り物候補の1つとしてください。

お世話になった方へのプチギフト

誕生石を使ったストラップ、フォトフレームなど手頃な値段で購入できるギフトもあって、お世話になった方に対する贈り物にぴったりです。誕生石が入るだけで自分の事を思って選んでくれた気持ちが伝わって、記念に残るギフトとなるでしょう。贈る相手の年代や雰囲気にあったアイテムを選択するのが、気に入ってもらうためのポイントです。どんなものなら喜んで活用してくれるのか、考えながらアイテム探しをしてみましょう。