ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
お見合いのマナーについて
お見合い マナー
 

お見合いのマナーについて

かつては盛んに行われていたお見合いですが、昨今は古くさい、ダサいとして好まれない傾向が一般的にはあるようです。しかし、女性の社会進出などによる晩婚化もあってか、婚活などと結婚相談所を利用するケースも増えているようで、恋愛結婚至上主義の意識も変わりつつもあるようです。また、恋愛結婚の離婚率の高さが指摘されていることからも、堅実な相手探しと目されるお見合いの需要が出てきつつあるようにも見えます。そこで、このページではお見合いについて、全般的にどのようなマナーが求められるかを紹介しています。よろしければ参考になさってください。

お見合いとはどういうものか?

お見合いの歴史を知ろう

お見合いのマナーの前に、お見合いというシステムについて少し整理をしておきましょう。現在見られるような男女双方の意志が尊重されるようなお見合いは比較的新しいものです。大正、昭和のはじめの頃に登場した、より進歩的かつ開明的な結婚方法でした。裏を返せば、それ以前は当人同士がまったくあずかり知らぬところで縁談が進められていたということになります。すべての結婚がそうではありませんでしたが、家柄を重んじる武家やその影響を受けた富裕層では、親同士などで縁談を決めるのが伝統でした。
一時期古くさい因習として敬遠されていたお見合いも、堅実な結婚相手を探す方法として現在では少し見直され始めたようです。本人の職場や交友関係といった限られた範囲を超えて相手を見繕ってもらえるというメリットも、また再評価を受けている点かもしれません。

お見合いとは結婚前提のもの?

実際にお見合いに臨む前に、けじめとして以下の点だけは留意しておくべきでしょう。結婚を前提にしているということ、他に付き合っている方がいない状態であるということです。もし他にパートナーがいる状態で何となく、または興味本位でお見合いをするのは止めましょう。相手に対しても、仲介をしてくださった方にも大変失礼になりますし、自身の信用を著しく傷つけることになります。仮にパートナーがいたり、結婚の意志が薄い状態なのに縁談が持ち込まれた場合は、はっきりとお見合いをお断りしましょう。はっきり返答せずに曖昧な態度をとるより、礼儀に適っています。

お見合いをしたいと思ったら?

お見合いの依頼

お見合いをしたいと思ったのなら、仲介の労をとってくださる方に依頼する必要があります。親類や恩師、上司、先輩、両親の友人など依頼先はさまざまですが、広い視野があって社会的な信用があり、誠実で信頼できる方に依頼しましょう。依頼する場合、内諾を得られたら親と本人が一緒に仲介者宅に挨拶にいくのが礼儀とされています。もしタイミングを合わせられなければ、まず親が先に挨拶に行き、本人がその後で訪問すると良いようです。いずれにせよ、仲介の方に本人の人物像を知ってもらうことが必要です。

お見合いの前にする準備

いざお見合いをするとなると、まず必要になるのが仲介の方に預けるお見合い写真と釣書(つりがき・つりしょ)と呼ばれるものです。釣書とは、いってみれば身上書のようなもので、上質な便箋などに住所、氏名、生年月日、家族構成、略歴(学歴・職歴など)を万年筆を用いて手書きで記します。半紙に毛筆ならさらに丁寧です。形式は特に定まっていないようですが、過不足なく自己紹介ができる資料を作成しましょう。ちなみに釣書はもともと家系を知らせるための系図で、人名を縦線で吊るしたことから釣書の名前がつけられたといいます。
お見合い写真は、スタジオや写真館などでおめかしして新規に撮影するのが一般的でしょう。また、それでは実物の魅力が伝わらないとのことで、飾らないスナップを2、3枚添えることもあるようです。その際、既存の写真から選ぶ場合は単独のものを選びましょう。他の異性が入っていると要らぬ詮索を受けるもとになりかねませんし、同性が入っていると比較されます。また、預かる仲介の方のために、スナップの裏には撮影した年月日と住所氏名を記しておきましょう。

お見合いの場でのマナー

お見合いの席で気をつけるべきこと

さて、実際にお見合いをすることになったとき、気をつけるべきことをいくつかあげていきましょう。まずは服装ですが男性ならダークスーツ、女性なら落ち着いたワンピース、アンサンブル、スーツなど、お見合いの席によっては和装で控えめな訪問着が良いようです。基本的には清潔感があって派手すぎない様子が好ましいとされています。
お見合いの席では、基本的に仲介の方の仕切りに任せるとよいでしょう。挨拶から席に着いたり飲み物に手をつけることまで、仲介の方に勧められてからにするのが無難です。逆にいうと仲介を依頼された方には、滞りなくお見合いを進行させることが求められます。
話題については、政治経済や仕事などの専門的で堅苦しい話題、資産など身内の自慢は避けるべきだとされています。また相手について財産や身体的なことについて話をふるのも止めておきましょう。そのほか、宗教や思想信条についても避けた方が良いとする向きもあります。
また、会話の内容でなく所作にも気をつけたいところです。足組み腕組みは尊大に見える可能性があります。ほかにも髪を頻繁にいじるのは、心ここにあらずといった風に見えます。昨今の風潮もありますから、タバコはお見合いの席では慎みましょう。同様にスマートフォンなどのモバイル通信端末もいじらないようにした方が良いでしょう。

お見合いを済ませたら

お見合いにかかった費用は両家で折半するのが一般的です。その際、仲介の方が一旦立て替えておいて、のちに両家が清算するのがスマートでしょう。そのあたりの手順は仲介の方と親御さん達であらかじめ決めておくと、その場で周章しなくてすみます。また、お見合いの結果如何に関わらず、仲介の労をとっていただいたことに対してお礼を1万円~2万円ほど包みます。加えて、当日か翌日に仲介の方にお礼の電話なりをしましょう。手紙だとより丁寧になります。また、預かったであろう相手の写真や釣書も仲介の方へ返却します。
それから、お見合いの返事はできるだけ早く、遅くとも一週間以内にするようにしましょう。返事は直接相手にするのではなく、仲介の方へします。断るにせよ、交際を希望するにせよ、はっきりした意思表示が必要です。曖昧な態度はかえってよくありません。なお、交際を希望する際は、相手方さえよければ、というような先方を気遣うような一句を挟むと良いでしょう。もしお見合いのときに当人達だけの時間があり、その場で今後の交際を決めた場合も仲介の方にその旨を報告します。
また、双方が断りを入れた場合なら良いのですが、片方だけが断りを入れる場合があります。そうしたときは自分を卑下しつつ相手を立てて「私には過ぎた方ですので〜」などと断るのが礼儀です。断られた側はすっぱり諦めましょう。仲介の方にしつこく理由を問いただすのも止めましょう。
お見合いは双方が平等に品定めをする機会です。どのような結果でも、どちらも礼を失することなく、相手を気遣う振る舞いを忘れないようにしましょう。