ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
インフォーマルのマナーとは?
インフォーマルのマナー
 

インフォーマルのマナーとは?

冠婚葬祭の場でのマナーには、所作だけでなく、どのような服装なのかということも含まれます。一般にドレスコードといわれる服装の基準が、行事や行事が催される会場ごとにありますから、それに沿った服装をして出席する必要があります。カジュアルからフォーマルまで、ドレスコードはさまざまなものがありますが、ここではインフォーマル(略式礼装)について、どのような服装があてはまるのかを紹介していますので、参考になさってください。

インフォーマルとは何か?

インフォーマルの意味とは

インフォーマルとは、公式の儀礼的なといった意味のフォーマル(formal)に否定を表す接頭辞(せっとうじ)のイン(in)がついたもので、正装であるフォーマルに対しての略式礼装になります。タキシードなどのもっとも改まった服装のフォーマルから見ると、セミフォーマルに次いで、より改まった服装になります。またラウンジ・スーツといった表現もあります。形式的ではない結婚式・披露宴、二次会やレストランなどで要求されることが多いでしょう。

インフォーマル以外のドレスコード

何を着るべきか、何を着てはいけないのかを指定するドレスコードでは、フォーマル、インフォーマル、カジュアルの3つが比較的良く見受けられるようですが、より細かい区分で服装を要求されることがあります。フォーマルとインフォーマルの間の準礼装のセミフォーマルや、インフォーマルからカジュアルの間を埋めるスマートエレガンス、カジュアルエレガンス、ビジネスアタイア、スマートカジュアルとさまざまに分けられています。この内、フォーマルからインフォーマルまでの3つが公式な場や冠婚葬祭で用いられるドレスコードに、それ以外は一般的なレストランなどで用いられます。招待状に記載されている「○○(ドレスコード名)で」に合わせましょう。もし、記載が無いようなら問い合わせるのが無難でしょう。インフォーマルなら「平服で」といった表記になる場合もあります。

お祝い事でのインフォーマルな服装

お祝い事でインフォーマルな服装が要求されるシチュエーション

お祝い事でインフォーマルな服装が要求されるのは、結婚式や披露宴、七五三のような子供のお祝い事、祝賀会や創立記念パーティーのような機会になるでしょう。結婚式でよりフォーマルな格好は近しい親族や仲人、主賓などがするものですから、一般的な招待客はインフォーマルにし、セミフォーマルやフォーマルは避けます。その他の場合も、お祝い事の主役より目立たないということを念頭におくと良いかもしれません。

男性の場合のお祝い事でのインフォーマルな服装

男性がお祝い事でするインフォーマルな服装は、ダーク・スーツかブラック・スーツになります。スーツはシングルでもダブルでも構いません。シャツは白のレギュラーシャツでなるべく装飾性の低いもの、結婚式ならネクタイはシルバーや黒白の縞のものを使用します。白のポケットチーフでより改まった感が出ます。

女性の場合のお祝い事でのインフォーマルな服装

ワンピースやスーツ、セットアップになります。またパンツ・スーツでも構いませんが、ビジネススーツのように堅苦しく見えないものが良いでしょう。スカート丈はあまり重々しくならないように膝丈あたりが推奨されているようです。原則的にストッキングは必要で、足元はヒールのあるパンプスになります。アクセサリー類は昼夜で変わります。昼は真珠など光沢を抑えたもので夜は光るものが基本です。そのほか、バッグは小から中くらいのサイズで布またはビーズ製のものにします。
女性の場合、和装をされることもあるかもしれません。その場合、未婚者は振袖、既婚者は留袖という礼装の違いがあります。一般参加者はやはり主役や催しの中心の方に気を遣い、色留袖か訪問着または紋付の色無地、振袖なら主役と被らず目立たずを意識した色と柄を選びましょう。

弔い事でのインフォーマルな服装

弔い事でインフォーマルな服装が要求されるシチュエーション

通夜への弔問やお葬式への参列、年忌の法要などに参加する際に要求されるでしょう。弔事のときも中心となるのは親族ですから、それ以外の方は正装は避けて、より格式の低いインフォーマルな服装が推奨されます。また、突然の訃報で通夜に駆けつける場合、何の準備もできない場合があります。そのときはネクタイや靴下、靴などの小物だけでも黒にしたり喪章などをつけて「このような服装で申し訳ありません」とお詫びをしておきます。
なお、余談ですが、江戸時代までは喪の色は現代とは逆の白でした。明治期の西洋化で、上流階級では西洋式に喪服を黒色にするようになり、第二次世界大戦後に庶民の間でも黒い喪服が一般的になり、現在に至っています。

男性の場合の弔い事でのインフォーマルな服装

お祝い事と同じくダーク・スーツかブラック・スーツです。ワイシャツは白で、ネクタイ、靴、靴下など黒にします。

女性の場合の弔い事でのインフォーマルな服装

和装の場合は、地味な色無地に紋付の黒い羽織、帯、小物は無地の黒にすると良いでしょう。洋装なら、暗い色のワンピース、ツーピース、アンサンブル、パンツスーツなどです。バッグは布や皮製で金具のないもの、アクセサリーは結婚指輪など最低限にし、つけるなら真珠などにします。靴はシンプルなもので、ストッキングと合わせて黒にします。