ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
お斎・献杯の基礎知識・挨拶を行う時のマナー
お斎
 
葬儀・葬式
 

お斎・献杯の基礎知識・挨拶を行う時のマナー

法事の後に行う食事も、故人に対する供養の一貫と考えられます。お斎とはそもそもどのような意味があるのか、献杯を頼まれたらどのように対応すればよいのか紹介いたしますので、お世話になった方をきちんとした形でお見送りできるように一通り目を通しておきましょう。

お斎とは

お斎の意味・由来

お斎とは、初七日や法要の後に行う会食です。読み方は「おとき」で、御斎と書かれることもあります。仏教用語の「斎食(さいじき)」がもとになった呼び名で「正しい時間にとる食事」という意味と、「法要など仏事のときに出す食事」の2つの意味があります。施主が参列者や僧侶をお招きして、故人を偲ぶとともに当日の感謝を伝える目的があります。

お斎の金額・料理内容

お斎の料理内容は精進料理とするのが正式ですが、最近では多様化しているようです。会場を移動して、ホテルの会食メニューや懐石料理を用意することもあります。自宅で法要を行った後に、仕出し弁当や出前を振る舞う形式もありますので、明確な決まりはありません。
選択する会場や料理内容によって1人あたりの相場は異なりますが、3,000円〜1万円くらいを念頭に考える事が多く、予約の際に相談しましょう。3周忌などごく親しい身内だけが集まる場面では、3,000円〜5,000円とやや簡易的なものですませることもあります。
基本的にはルールがないお斎の料理内容ですが、伊勢海老や鯛といっためでたい時に頂く食材は控えるのがマナーです。料理の注文をする際に伝えておけばふさわしい内容を整えてもらえますので、法要で使いたい旨をあらかじめ明示しましょう。

お斎の席次・席順

お斎の席次・席順は、大まかに決めておきます。お世話になった僧侶を上座にお通しして、すぐ側に施主、参列者の順番です。施主以外の親族は末席に座り、あくまで参列者をおもてなしする機会であることを念頭に考えましょう。
僧侶が参加されない場合、参列者の座り順はある程度の自由が利きます。故人の想い出話をかわして交流を深める目的もありますので、親しい方同士が近くになるように配慮しましょう。
通夜振る舞いとは違って1人1人に対してしっかりとしたお膳を用意する必要がありますから、人数の把握は重要です。あらかじめお招きする方に声を掛けて、人数を把握するとよいでしょう。お斎に招かれたにも関わらずやむをえない事情があって参加できない場合には、なるべく早めにお断りと謝罪をします。基本的にはお招きされたら参加するのがマナーであり、故人に対するお悔やみの一貫と考えましょう。

献杯の挨拶・作法

お斎で行う献杯とは

お斎を始めるタイミングで代表者の挨拶があった後、献杯を行います。献杯には、故人に対する敬意を示す意味合いがあって、この儀式が終わるまでは食事に手をつけないルールがあります。
施主が担当する他、故人と深い親交があった方や親族代表に依頼するスタイルも一般的です。全員がそろったところで位牌の前に盃を置き、施主の挨拶を行った後に唱和します。乾杯のように盃を持ち上げたり拍手したりする事はありませんので、基本的なマナーとして理解しましょう。
稀なケースではありますが、当日その場で献杯の挨拶を依頼される事もあります。一般的なやり方を一通り理解して、いざその場になっても困らない基礎知識をふまえておくと安心です。

献杯の挨拶に含める内容

献杯の前に行う挨拶には決まったルールはありませんが、故人を偲ぶ言葉や想い出話、ご遺族に向けたメッセージや今後の抱負を盛り込むのが一般的です。お互いに気心知れた関係であれば自己紹介を省略しますが、会社関係者や友人のように面識がない方がいれば、故人とのつながりを説明します。
自己紹介とは言っても「故人の友人○○でございます」「故人の長男○○と申します」といった簡単な一言で構いません。挨拶全体を通しても1分程度でおさまるのが望ましく、深い想い出話をするのは会食時と考えてください。

お斎で渡す返戻品の選び方

お斎がお開きというタイミングで返戻品を配り、改めて参列者に対する感謝の気持ちを示します。不幸ごとの返戻品ですので、食べてしまってなくなる食品、消耗品などを選択するのが一般的です。持ち帰って頂くものですから、あまりにも大きな包みは控えて、軽めのものがよいでしょう。心からの気持ちを込めて来て頂いた方にお配り、簡単な挨拶とともに手渡します。
料理の相場と同じように、返戻品の金額は風習によって異なりますが、お食事代と合わせて1万円くらいとする事が多いようです。お料理とセットで依頼できるケースもありますので、総額予算で考えたい場合には、検討するのもよいでしょう。
お斎の最後に行う挨拶が全ての締めとなりますので、故人に変わってお礼を言います。今後のおつきあいに対するお願い、抱負といった内容を盛り込みつつ、ご供養が滞りなく終わった事に対する感謝の気持ちを伝えてください。