ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
結婚式の二次会での服装のマナーを知ろう
結婚式 二次会のマナー
 
結婚式・披露宴
 
結婚式二次会
 

結婚式の二次会での服装のマナーを知ろう

披露宴に比べると、二次会はよりカジュアルな雰囲気のパーティーです。ただし、よりカジュアルな雰囲気とはいえ、自由な服装で参加してもいいというわけではありません。ここでは、二次会に参加する際の服装のマナーについて詳しく説明しています。

結婚式の二次会でのドレスコード

披露宴から引き続き二次会に参加する場合

一般的に結婚式の二次会は、新郎新婦の友人達などが企画し、参加するのも友人達が中心であることが多いでしょう。披露宴のときは親族や上司のような目上の方の存在もあり、新郎新婦にとっては緊張する場であったかもしれませんが、二次会は、よりくつろいだ雰囲気で親しい間柄の参加者から結婚をお祝いしてもらえる場といえるでしょう。
ただし、二次会とはいえお祝い事の集まりですから、一定のエチケットはあります。もちろん、服装に関しても一定以上の格好で臨むべきです。しかしながら、披露宴に参加した方が引き続いて二次会に参加する場合は、あまり悩む必要はないでしょう。基本的に、披露宴に参加したそのままの格好で参加して構いませんし、おそらくそうする方がほとんどだと思います。その場合、昼間の披露宴に対し、おそらく日が落ちてからになることが多いと思われる二次会では、服装の基準に多少の差が出てくるのに注意を払っておくと良いかもしれません。多少の差とは何かというと、一般的なドレスコードにおいて、昼は露出を控え目にし、アクセサリーは光沢の強くないものが望まれることに対し、夜は腕を出すなどの露出を増した格好で、かつアクセサリーの類も輝きの強いものが望まれるということです。
具体的な例を挙げると、昼間の披露宴ではノースリーブのワンピースなどの上にジャケットを羽織っておいて、夜に行われる二次会では、ジャケットを脱いで参加するといった対応。また、アクセサリーも昼間のパールなどの控え目なものから、シルバーやゴールド、ダイヤモンドその他のよりゴージャスなものに付け替えることで二次会の時間帯に対応できるようになります。披露宴だけでなく二次会にも参加するつもりなら、最初から二次会に出席することを念頭に、披露宴で何を着るかを検討しましょう。

二次会から出席する場合の服装は?

さて、披露宴から引き続き二次会に参加する場合は、ほぼ着替えることなく、そのまま出席しても構わないとして、披露宴に出席せずに二次会から出席する場合はどのような格好をすれば良いのでしょうか。基本的には二次会の招待状からどのような服装で参加したらいいのかを判断します。なお、招待状には「平服でお越しください」などと書いてあることが多いかもしれませんが、この場合の平服とはカジュアルのことではありません。ドレスコードでいう礼装の内、略礼装ともインフォーマルとも呼ばれるものを平服と呼びます。男性ならダークスーツ、ブラックスーツ、女性ならお洒落めのスーツやワンピース、カクテルドレスあたりの装いがあてはまるとされています。

二次会の会場によって切り替えよう

また、二次会の会場によっても何を着て行くかが左右されます。会場がホテルなどの場合、服装によりフォーマルさが求められます。レストランが会場であれば、ホテルほどフォーマルである必要はありません。またいずれも披露宴から引き続き同じ格好で参加しても問題ないでしょう。
カフェやバーが二次会の会場になった場合は、あくまでお祝い席の礼装の中でですが、よりカジュアルさを出してもかまわないでしょう。ただ、披露宴から引き続き出席する場合は、二次会から参加する方に合わせて、カジュアルめな服装に着替えることを考えた方が良いかもしれません。特に振袖のような和装ですと、動きやすさの面や、汚れる可能性を考えると、可能であれば着替えることをお勧めします。

結婚式の二次会で避けたい服装の個々の例

結婚式の二次会で避けたい服装とは?

最後に、結婚式の二次会で相応しくないと考えられている個々の例について見ていきましょう。まずは服装からNGな具体例をあげると、どんなにカジュアルな会場でも、招待状で着用が指定でもされない限りは、Tシャツやジーンズは避けましょう。次に全身白、または全身黒の格好は披露宴同様に二次会でも相応しくありません。理由は、白は花嫁の色で黒は喪服をイメージするからです。主役より目立たないように気を遣いつつも、お祝いの席に華を添えるような装いを心がけましょう。あとは丈が短すぎる、あるいは長すぎるスカートもNGです。

結婚式の二次会で避けたい小物類など

披露宴や二次会では、生花は花嫁だけに認められたアイテムとされているので、生花を使用したヘアアクセサリーは避けましょう。ストッキングをはかないこともまたNGです。ただし、会場によりますが二次会であれば派手な柄物もOKのケースがあるようです。スニーカーやサンダル、オープントゥ(つま先の開いた)のパンプス、ブーツといった履物はカジュアル過ぎるためNGです。さらに、豹柄なども避けましょう。アクセサリーでは黒真珠など、黒いものは避けます。理由は全身黒の服装がダメなのと同じです。
二次会といっても、結婚式の二次会は新郎新婦をお祝いする席ですから、カジュアルを避けつつもフォーマルになりすぎない、適度にあらたまった装いをするように心がけましょう。