ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
白寿のお祝いとは?
長寿のお祝い
 

白寿のお祝いとは?

祖父母、両親、配偶者、友人、恩師など、身近で大切な方が長生きなさるのは、とても心強く、また喜ばしいことです。そのような、おめでたい長寿を数え年で99歳という年齢で区切ってお祝いするのが白寿です。大切な方の白寿をどのようにお祝いするとよいか、以下の記事で紹介していますので、よろしければ参考になさってください。

白寿のお祝いの仕方

そもそも長寿のお祝いとは?

古来から長寿はおめでたいこととしてお祝いされてきました。奈良時代の貴族社会では、初老の賀(数え年で40歳)、五十の賀、六十の賀という算賀の儀礼があったくらいです。(賀とはある年齢になったことを祝う儀礼の意味で、もともとは中国の風習から導入されました)この賀寿を祝う風習は、名前や節目の年を変えつつも時代を超えて受け継がれ、江戸時代には庶民の間でも広く行われるようになりました。
そして今日では、生まれた年の十干と十二支の干支が共に同じ年を再び迎える数え年で61歳(満60歳)になったことを祝う還暦に始まり、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿、88歳の米寿、90歳の卒寿、99歳の白寿、100歳の百寿、108歳の茶寿、111歳の皇寿(以上すべて数え年)といった多くの長寿のお祝いがあり、近年でも満65歳を節目に、緑寿という賀寿が百貨店協会の提案により新たにつくられています。
かつての人生五十年、40歳で初老とされた時代、齢六十の還暦を迎えた時点で家督を子に譲り、社会的な人生に幕を引いて隠居した時代とは大きく様変わりしており、この賀の祝い、賀寿の変遷には、日本人が格段に長寿化したことを示すものでもあります。また、日本人の長寿化は今後も進むと予測されていますので、新たな賀寿ができることもあるかもしれません。
このように賀寿は長寿のお祝いですが、世界有数の長寿国である現代の日本では、元気ではつらつとした活動的な高齢者の方も少なくありませんし、平均寿命はまだまだ延びると予測されています。賀寿は長寿のお祝いではありますが、お祝いされる方がお年寄り扱いされたと気分を害さないような配慮も求められるでしょう。普段の誕生日を少し賑やかにし、今後の一層の活躍を願うようなお祝いの仕方が好まれるかもしれません。

白寿とは何歳のお祝い?

白寿は数え年で99歳、満年齢では98歳を祝う賀寿です。百という漢字から一番上の一をとると、”白”という漢字になることから、100歳から1歳引いた99歳のお祝いは白寿という名称になっています。

お祝いはいつどのタイミングで?

昔ながらに数え年でお祝いをするのであれば、年が改まった正月に、現代風に満年齢で祝うのであれば、満年齢の誕生日にお祝いをします。また、変わったところでは、誕生日前後の吉日や敬老の日を選ぶ場合もあるようです。
一般的には、賀寿のお祝いは子供や孫、親族が集まって、内輪で催されます。そうした場合は、自宅もしくはレストラン、料亭に席をとってお祝いすることが多いようです。本人の希望や体調、健康状態などを第一に考えつつ、場所や日取りを決めましょう。
また、内輪のお祝いとは別に、かつての部下や教え子などが集まって盛大にお祝いするということもあります。この場合、大勢の出席者の都合もありますし、必ずしも誕生日にお祝いの席を設けなくても構いません。たとえば誕生日後の日曜や休日でも良いでしょう。その際の招待状の発送や、出欠の返事は早めに行いましょう。招待状は2週間前までに先方へ届いていることが望ましいです。また、日本の高齢者が若々しいといっても、長時間の宴席は本人の負担となりかねませんので、気をつけましょう。

白寿の贈り物とそのお返し

贈りものに適しているのは?

賀寿の贈り物というと、還暦のお祝いで有名な赤い色の頭巾や、ちゃんちゃんこといった昔からの定番があります。白寿の場合でいうと、古稀(数えで70歳)以降の賀寿では、伝統的に紫の座布団を贈ったのが当てはまります。紫色の理由はまず高貴な色であること。それと同時に、紫色は無病息災を表す色とされたことによります。また、マナー本によっては白寿のお祝いの色を白色とする場合もあります。
慣習にのっとったものを贈り物とするのもよいですが、時代に合わせて毛布、膝掛け、衣類、アクセサリーなどの実用品を贈るのも現在では珍しくありません。そのほかに、趣味に関するものもよいでしょう。いずれの場合にせよ、本人に喜んでもらうことが大切ですから、可能なら希望を事前に把握しておきたいところです。好みが分からなければ、カタログギフトを贈るという選択肢もあります。
なお、一般に地味なものは避け、いつまでも若々しくという願いを込めて、よりはなやかな色合いのものを選ぶのがよいとされています。
贈る際の体裁は、のし付き、水引は紅白か金銀の蝶結びとし、表書きは「祝白寿」「寿」「寿福」「御祝」などとします。水引に関してですが、賀寿は何度あっても良いことですので、「蝶結び」とされています。間違っても、繰り返さないことを意味する「結び止め(結び切り)」は使わないようにしましょう。
また、お祝いの相場は3千円から5万円と幅があります。子から親への場合は3〜5万円、孫から祖父母へは1〜3万円、親類からは1万円がおおよその目安となっているようです。

贈り物へのお返し

お返しは特に必要とされていませんが、お祝いの席の引出物を贈るのが一般的です。引出物として伝統的なものには、寿の文字の入った紅白の饅頭や餅、同じく寿の文字を染め抜いた風呂敷や袱紗(ふくさ)などがあります。なお、お祝いにいただいた金品の額にかかわらず、全員に同じものを贈ります。
引出物にはのしをつけ、水引には一般的なお祝いのときに用いる紅白の蝶結びのものをつけ、表書きを「内祝」とします。