ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
新年のおめでたい時期に送るおせちのマナーとは
おせち
 

新年のおめでたい時期に送るおせちのマナーとは

新年をゴージャスな料理で迎えるのに欠かせないのがおせち料理です。新年はのんびりと過ごしたい主婦の方には特に喜ばれる品となっていますが、歴史も長く、今でもおせち人気が高い状況を維持しています。洋風のおせちなど、バリエーションも随分と豊富になってきているおせち料理ですが、大切な方への贈答品として贈る場合、どのようなマナーを持って、またどのような品を選択したらいいのでしょうか。

おせち料理とは

おせちの歴史

昔から新年になると日本各地で食べられているおせち料理ですが、御節供という言葉の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来しているものです。
奈良時代にはすでに朝廷内で供されており、その当時では現在のような料理ではなく、高く盛られたご飯などであったとされています。
朝廷内で供されていたこの行事を庶民の間でも行われるようになり、現在に至ったというものです。また正月料理は日本各地で内容が異なることもあります。
正月料理も徐々にシンプルなものから高級感とゴージャスさが徐々に出てくるようになってきました。
重箱の中に様々な料理が詰められるようになったのは明治時代以降になってからと言われています。
今では普段食卓に並ばないような伊勢海老などの高級食材が使用されるようになり、特に見た目に関してこだわりが見られるようになってきました。

料理の構成

重箱に詰められる料理ですが、基本があり、祝い肴三種や煮しめ、酢の物、焼き物となっています。これらは一般的なおせちには見られるものですが、日本各地で構成が異なることがよくあります。三つ肴は各地で特に違いが見られ、関東地域では黒豆と数の子、田作りとなっているのですが、関西地方になると黒豆と数の子、たたきごぼうという組み合わせになっています。
料理は基本的に新年の間に継続して食べられるもののため、しばらく保存ができるように塩や砂糖が多用されており、腐敗がしにくいような工夫が施されていると言えます。
新年の間は家事から女性を解放し、料理を作る必要がないために長期保存できる料理が多くなっていると言われています。
日本ならではの食材を多用し、和食でおなじみのものが多く登場する正月に食べられている料理ですが、最近では様子が徐々に異なってきており、これは個人の味に対するニーズが様々増えてきたためです。

おせちの内容

昔ながらの料理

おせち料理として昔から食べられているものとして基本的なのが黒豆でしょう。
黒豆を甘く炊き込み、しっかりと炊き込み甘みを含ませ、しわが寄らないように長時間柔らかく調理していくというものです。
黒という色は道教では邪除けの色とされており、邪気を払い、長寿と健康を願って料理の一つとして好まれているのでしょう。
またしっかりとした甘さを持っているので防腐効果にも優れています。
また数の子は正月になるとよく食べられている料理で、独特の魚卵のコシのある粒粒が人気となっています。
数の子に使用されているのはニシンの卵で、子孫繁栄を願って正月になると昔から食されている定番の正月料理です。

高級感のある料理

昔から好まれて食べられている正月料理の中でも高級感が感じられる料理も多くあります。
例えば伊達巻ですが、巻物に似ていることから文化や教養を持つことを願う縁起物として昔から正月になると見られることが多くあります。
これはスケトウダラを多く使用し、卵や砂糖などをすりつぶして焼いたのち、巻いて独特の形にされるものです。
甘さがしっかりとしており、これも正月の期間に保存できるような工夫が施されています。
また、おめでたい時には良く利用されているのが鯛の焼き物です。見た目もゴージャスで立派な鯛はおせち料理には欠かせないものになっています。
より高級感のある鯛になると身離れが良く、鯛の甘い香りが口に広がる上品な味をしています。
こういった高級感の感じられる料理をおせちで見かけると、正月がより一層華やかなものになっていきます。

相手に合ったおせち

和食の好きな方へ

おせち料理も時代の変遷によって趣向も異なってきており、これまで和風のものだけだったものが、中華や洋食のテイストを取り入れた斬新なタイプのものも登場してきています。
そんな中でもおせち料理を大切な方に贈りたいという場合には、相手の趣向を感じ取り、贈った内容について好まれるようなテイストのものを選択していく必要があります。
和食が好きな方はやはり昔ながらの調理法で作られた味のおせち料理を好むことでしょう。
黒豆や叩きゴボウなどの基本的な料理の他に、車海老やブリなど、旬の海の幸を伝統の味で調理したものが重箱に入っているタイプなどが好まれますし、和食の好きな方は伝統的な味や食材を使用したタイプはきっと好むことでしょう。

和食以外が好きな方へ

和食以外の料理も好んで良く食べる方にとってはおせち料理は特に和食でなくても、洋食や中華などのタイプであっても喜んでいただけることでしょう。
洋食ではローストビーフやテリーヌといった料理が良く使用されており、中華になるとエビチリといった高級感の感じられる食材を使用した料理などが多く活用されているものです。
洋食にしても中華にしても高級感があるので、どちらを贈っても失礼にはなりませんし、特に贈る相手が好きなタイプから選択するといいでしょう。
特におせち料理は見た目が豪華なので、一般的な料理の贈り物以上に喜ばれるに違いありません。