ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
内祝い・お返し
 
結婚内祝い
 

何を贈ったら喜ばれるの?結婚内祝い(結婚祝いのお返し)

結婚内祝い(結婚祝いのお返し)に何を贈ったらいいのか、悩まれる方も多いと思います。相場はいただいた品の半額程度。それぞれお祝いの金額も違うだけに、選択肢がたくさんあって迷ってしまいますよね。予算はもちろん、贈る方の家族構成やライフスタイルに配慮して、ギフトを選ぶことが大切です。挙式後一か月以内に贈るのがマナーですが、新しい生活が始めると何かとバタバタしがち。式前にあらかじめ見当をつけておくと、スムーズにギフトが選べます。あの方にぴったりな贈り物は?もらってうれしいアイテムは?悩める疑問にお答えします!

アイテム選びのポイントとは?

内祝いは、贈る相手との関係性が大切。誰に何を贈ったらいいか、好みを考えながら金額を考慮してセレクトしていきましょう。一般的に半額程度が目安ですが、上には薄く、下には厚くという考え方もあります。親せき関係やご両親の知人・友人から結婚祝いをいただいた場合は、まずはご両親に相談するのがおすすめです。
全般的に好みの分かれるインテリアやすでに持っている可能性のある趣味関係の品よりも、シンプルで使い勝手のいいアイテムが喜ばれることが多いようです。
遠方の方や持参が難しい場合には宅配を利用するかと思いますが、その場合は送料もチェック!店舗によっては、送料無料のギフトが多数あるので、賢く利用しましょう。

結婚内祝いに避けたい、アイテムリスト

結婚内祝いは、どんなものでも贈っていいというわけではありません。できれば避けたいギフトがあることを知っておきましょう。せっかくの内祝い、相手の方に不快な思いをさせてしまうのは考え物です。
「縁切り」を連想させる刃物は基本的にNG。悪いものを断ち切ったり、未来を切り開くものとして贈る習慣もあるようですが、避けた方が無難です。弔事によく使われる日本茶もマナー違反となるので注意が必要。また、漢字で「手巾(てぎれ)」と読むハンカチも避けましょう。

誰に何を贈ったら喜ばれる?

両親や家族へは?親せきには?

結婚内祝いとは、そもそもご祝儀や結婚祝いをいただいたものの、都合により披露宴に出席できなかった方や披露宴にお招きできなかった方にお贈りするのが一般的です。しかし、ご両親や親せきから高額のお祝いをいただいた場合、内祝いは贈らなくてもいいという意見もありますが、感謝の気持ちを込めて、記念に残るアイテムをお届けするケースも多いようです。
特にご両親への贈り物は金額にはあまりこだわらず、喜ばれるギフトを贈りたいもの。上質なタオルなどのアイテムもおすすめですが、最近は、旅行などのプレゼントも人気なようです。素敵なアイテムや旅行などが掲載されているカタログギフトなら、スムーズに選んでいただけそうですね。
親せきへの贈り物は、その方の環境をきちんと把握しておくことが大切。年代や家族構成、好みをできるだけリサーチしておきましょう。新しい家庭を持って歩みだす2人にとって、これからの親戚づきあいは、ますます大切なものになってきます。年配の親せきの方のご家庭には、すでに揃っているものが多くあるかもしれません。そんな時は、無難な鰹節などの祝儀用品をセレクトするのも一つの方法。選ぶ楽しさのある、カタログギフトもおすすめです。

独身の方は?ファミリーへは?友人に人気のアイテム

友人へは、趣味や家族構成を考えて選ぶと失敗がありません。独身の方には、保存のきくコーヒー・紅茶のドリンク類やおしゃれなハンドソープ、ファミリーには、みんなで楽しめるお菓子の詰合せやこだわりの調味料、タオルなどが人気です。

会社関係は?ご近所の方はどうすればいい?

意外と難しいのが、会社関係の内祝い。目上の上司には、踏みつける意味をもつ靴関係はNG。老舗のお菓子やちょっと贅沢なアイテム、カタログギフトが喜ばれるようです。職場の同僚へは、個包装のお菓子がぴったり。洋菓子、和菓子を問わず、安心のブランドアイテムなら喜ばれること間違いなしです!職場のティータイムも華やぎそうですね。
ご近所の方へは、お赤飯代わり程度の実用品を。砂糖やお菓子もおすすめです。

カタログギフト・ギフトカードもおすすめ

内祝いを商品券などで贈ることは、直接現金を渡されているようで失礼と感じる方がいるかもしれません。そんな時、何を贈ろうか迷ったら、カタログギフトがぴったり。商品豊富、自由に選べるだけでなく、幅広い予算が設定されているのもうれしいポイントですね。
また、新しいカタチとして、1円単位で金額を設定できる、選べるギフトカードも登場。贈られた方が、商品豊富なウェブサイトに直接アクセスし、お好きなものをセレクトするだけでOK。設定された金額内で複数の商品を選ぶこともできて便利です。

ショッピングを楽しめるギフトカード「My Seleca」