ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
お中元のマナー
 
季節の贈り物マナー
 

贈り先は?相場は?知っておきたい、お中元のキホン

日頃お世話になっている方へ、感謝の気持ちを届けるのはもちろん、ご無沙汰している方へのごあいさつもかねて贈るお中元。ほかのギフトと違い、贈る時期が決まっているので、タイミングを逃さないようにしましょう。相場はどのくらい?いつ贈ればいいの?といった基本的な疑問から、のしや送り状などのマナーまで、気になるポイントをきっちり解説!大切な季節のごあいさつ、心に響く素敵なお中元を贈りましょう。

知っておきたい、お中元のマナー

そもそもお中元とは?

古代中国道教の天神を祭る「三元」の日が起源とされています。上元は1月15日、中元は7月15日、下元は10月15日を指しますが、7月15日の仏教行事、「盂蘭盆会」(うらぼんえ)は中元と同時期に行われます。いつしかこれらが結びついてお供え物をする習慣が親しい方にも贈り物をするようになり、それが徐々に根付いていったようです。

お中元を贈る、適切な時期は?

関東では7月初め~15日ごろまでに贈るのが一般的とされていますが、関西などでは旧盆の習慣があるため、一か月遅れの8月15日までに贈るとよいでしょう。

表書きは?喪中の方へ贈るケースは?

のしのついた紅白の蝶結びの水引のもので、表書きは「御中元」が一般的です。中央下に、姓またはフルネームを書きましょう。連名で贈る場合は、目上の方が右側に、目下の方が左側にくるようにします。
お中元が遅れてしまった場合は、地域差があるものの、立秋の頃までは「暑中御伺」「暑中御見舞」、立秋を過ぎるケースでは「残暑御伺」「残暑御見舞」等として贈ることが多いようです。なお、今年お世話になった方に、一度のみ贈るケースでは「御礼」の表書きがおすすめです。また、お祝いではないため、喪中の方にお贈りする場合も差し支えありません。ただし、喪明け前の場合では時期を考えて、四十九日を過ぎてから「残暑御伺」としてお贈りすることも、一つの配慮でしょう。

どのようにお届けすればいいの?

もちろん、特にお世話になっている方には直接持参するのがよいかと思いますが、遠方などの理由により難しい場合も。最近は、インターネットショッピングやデパート、ギフト店などからの配送が一般的です。その場合は、お中元が到着する前に、できるだけ送り状を出すことが大切。丁寧な送り状が添えられていると、いただく方もうれしいものです。また、フルーツや冷蔵のお肉等、生ものをお贈りする場合は、お相手の方の予定を必ず確認して。ご迷惑にならないよう、注意しましょう。

送り状の書き方は?

頭語の「拝啓」ではじまり、挨拶とともに、日ごろの感謝の気持ちやいつ、何を贈ったのか等の内容を記載しましょう。加えて、結びのあいさつと結語に「敬具」を書き添えるのが一般的な送り状です。

贈り先は?お返しは必要?

お中元を贈る範囲とは?

お中元とは、日ごろお世話になっている方やご無沙汰している方へのごあいさつとして贈るもの。贈り先は両親や親せき、仲人などのほか、恩師や会社関係のお得意先、大家さんなどが多いかと思います。職場は、それぞれの会社によってさまざまな習慣があります。上司への贈り物をしないところもありますので、親しい方に確認するとよいでしょう。ちなみに、仲人の方へのお中元・お歳暮は、一般的に三年間と言われています。
お歳暮を含め、一年に2回程度のごあいさつは、感謝の気持ちを贈るよい機会。ただ、年数を重ねるうちに贈る先が増えていき、経済的な負担や義理だけのお中元になってしまうのは考えものです。誰に贈るかというのは、その都度お付き合いの方法やお互いの関係性を考えて決めるとよいでしょう。お中元を省略して、お歳暮のみのお付き合いにするのも一つの方法です。また、急に贈り物をやめるのではなく、年賀状や暑中見舞いのご挨拶等で近況を知らせるなど、カタチにこだわらず、ふさわしい関係を続けていきたいものです。

気になるお返しについて

お中元は、お世話になった方へ感謝の気持ちを贈るもの。お返しは必要ありませんが、お礼の連絡は必ずしましょう。電話はごく親しい方を除き、失礼にあたる場合があります。できれば、手紙やはがきで感謝の気持ちを伝えるのがおすすめです。気になるようならいただいた気持ちに感謝して、旅行先でお土産を買ったり、何かお相手の記念日にプレゼントを贈ることもおすすめです。

お中元の相場は?

特に決まりはありませんが、一般的な金額としては、3,000円~5,000円程度の品を贈る場合が多いようです。特にお世話になった方には、5,000円~10,000円、ご両親や親せきなどには5,000円、知人や友人へは2,000円~4,000円ほどが目安ですが、大切なのは、感謝の気持ち。贈る方との関係を重視して、あまり金額にはこだわらず、何を贈ったら喜ばれるのかを考えてギフトをセレクトするとよいでしょう。