ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
母の日2017お母様、お義母様の笑顔が見えるプレゼントとは?
母の日ギフト・プレゼント
 

母の日2017お母様、お義母様の笑顔が見えるプレゼントとは?

ご自身のお母様、旦那様のお母様に、母の日のプレゼントを贈りたいと思われる方、必見です。ご自身のお母様、旦那様のお母様では、選ぶものも違うでしょう。そんな皆様のお気持ちになって母の日のプレゼントを考えてみます。

母の日についての豆知識

母の日の由来

母の日の由来をご存知でしょうか。実は、案外と知られていない母と娘のエピソードがあるのです。ここにご紹介いたしましょう。

時はアメリカの南北戦争の頃にさかのぼります。アン・ジャービスという敬虔なクリスチャンの女性がいました。彼女はボランティア団体を立ち上げ、南北戦争で病気や傷ついた兵士の世話をしました。当時彼女の住んでいたヴァージニア州ウェブスタンは「南軍」「北軍」両軍が入り混じった地域だったそうですが、彼女は両軍関係なく兵士たちを受け入れ、平等に献身的な世話をしました。この慈愛に満ちた行動にどんなに多くの人が感謝したことでしょう。彼女は戦後もこのような活動を続けました。

そんな彼女を敬愛した娘のアンナさんは既に亡くなっていた偉大な母アンさんを偲んで「母親のために祝日を設ける運動」を続け、賛同者を増やしました。その結果1915年、「母親のための記念日」が生まれたのです。これが現在の「母の日」となり、母の日に至りました。

母の日のフラワー

母の日といったら、カーネーションが思い浮かぶという方は多いでしょう。実はこの花にも由来があるのです。

母の日の由来で登場した母娘がこのカーネーションの由来になるのです。前述しましたアンナさんは亡き母アンさんの追悼のため祭壇いっぱいにを白いカーネーションを飾ったそうです。実はカーネーションはアンさんの好きな花でした。それ以来、母の日にはカーネーションを贈ると言う風習ができたようです。亡くなっていれば白、健在であれば赤を贈るとなりました。しかし、後に赤、白と区別するのは母のない子どもはかわいそうではないかという考え方が一般化し、赤いカーネーションに統一されたようです。

ご自身のお母様へ

母の喜ぶ贈り物

「母の日」で、ご自身のお母様へのプレゼントを考えてみましょう。ご自身のお母様ならば、その好みは良くご存知でしょうから、選びやすいかもしれません。でも、何よりも大事なのはお母様の気持ちです。もし、遠くに離れて暮らしているお母様が望む事は、あなたに会えることでしょう。会えなくても電話で声を聞きたいでしょう。そんなお母様のお気持ちを、「母の日」では思いやって、何を贈るか、考えてみましょう。

会えるならば、お母様に会いに行き、食事をご馳走したり、お母様の好きな映画を見たり、温泉に行ったり、買い物に行ってお母様のお好きなものをプレゼントする等、一緒の時間を過ごすのが一番でしょう。あなたが女性であれば、母娘でエステなんていうのも良いでしょう。間近でお母様の笑顔が見えるのがあなたにとっても、一番嬉しいはずです。

時間が取れない場合は花束等を送って電話をしましょう。

母への予算は?

ご自身のお母様に「母の日」の予算はどのくらいが相場でしょうか。気になるところです。感謝はしているけれど、予算的にはなかなか高価なものは厳しいと思う方も多いでしょうから、ご参考になさってください。

一番多いのは3000~5000円です。なかなかお手頃な価格で、それほど高くもなく、安くもなくといったところでしょうか。このくらいの予算でしたら、ちょっとしたプレゼントが買えるでしょうし、お店やインターネットショッピングでは、このくらいのお値段のギフトが多く揃えられています。お母様としては、金額ではなく気持ちだけで嬉しいものでしょう。

旦那様のお母様へ

義母の喜ぶ贈り物

旦那様のお母様へも、もちろん母の日のプレゼントを贈りたいでしょう。では、どんなものが良いのでしょうか。

義母へのプレゼントは頭を抱えると言った方も多いでしょう。確かに難しいです。旦那様に聞いたところで無駄と言う場合もあります。何しろ、男性は自身の母の好みなど、気にも留めないでしょう。ですから、なるべく無難で一般的なものが良いでしょう。その点、フラワーギフトは適切です。花を嫌がる女性はあまりいませんから、喜んでくれるでしょう。その際、お義母様の好きな色等を予め、リサーチしておくことが大事です。普段買わないであろう華やかなアレンジのフラワーギフトがお勧めです。スイーツやお茶をつけても喜ばれるでしょう。

義母への予算は?

旦那様のお母様のプレゼントの予算は、どのくらいが良いのでしょうか。

相場は3000~5000円でご自身の母へのプレゼントと同じ額です。でも、普段、どれだけお世話になっているかで、旦那様のお母様のプレゼントの予算は決まるということもありますから、孫の面倒を見てもらっている、孫にお小遣いをもらったなどあれば、お返しを兼ねて10000円くらいでも良いかもしれませんし、旦那様、お子様(お義母様にとってはお孫さん)を伴ってお食事に行くなんてことも良いでしょう。

それに、ご自身の母と同じで旦那様のお母様も、見返りを求めているなんてことはないでしょうから、感謝の気持ちが伝われば十分ではないでしょうか。