ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
父の日
 

日頃の感謝の気持ちを込めて贈るプレゼント、父の日とは?

いつもお世話になっている実父や義父に、父の日のプレゼントを贈ってみませんか?照れくさい気持ちもあるかもしれませんが、一年に一度の父の日は、日ごろの感謝の気持ちを伝える絶好のタイミング。母の日と同じようにお花をプレゼントしてもいいのですが、最近では花以外にもお酒類や健康グッズなど、ライフスタイルに合ったプレゼントが人気。通販を利用して贈る方も増えているようです。どんな贈り物が人気なの?マナーはあるの?気になる父の日について、解説します。

父の日とはどういうもの?

感謝の気持ちを大切に

父の日は、日ごろお世話になっている気持ちをカタチにする良い機会です。実父はもちろん、夫婦としてお互いの父親にありがとう込めてプレゼントを届けたいもの。ただし、小さなお子さまがいるご家庭では、人への感謝の気持ちを表す日を教える意味で、お祝いをするのも一つの方法です。
感謝の気持ちを贈り物で表現してくれるのは、親として本当に喜ばしいことでしょう。プレゼントにこだわらず、素直な気持ちを届けるのが最も大切なこと。ぜひとも、父の日に間に合うように何かしら手配したいものです。
もし諸事情によって、父の日のお祝いが遅れてしまっても、カタチにして伝えてみましょう。その際は、遅くなったことを連絡し、プレゼントを届けることが大切です。

おすすめギフトは?

お花は何を贈ればいいの?

定番はバラで、日本では特に黄色いバラを贈ることが多いようですが、特に決まりはありません。日本では1981年に設立した「日本ファーザーズ・デイ委員会」がその年のベストファーザーにイエローリボン賞を贈るようになり、イメージカラーとして黄色が定着したとされています。
もちろん、黄色のバラの花束は人気がありますが、カーネーション・カスミ草を組み合わせた華やかな花束や同じ黄色のひまわりなど、他の花を贈る方も多いようです。

お花以外のプレゼントも人気

「母は花が好きだけれど、父はどうか分からない・・・」と悩まなくても大丈夫。父の日だからといって、お花だけにこだわらなくてもOKです。ちなみにお花関係なら、お花と雑貨、お花とお菓子など、複数のアイテムを組み合わせたギフトも人気。
また、ビール、ワイン、焼酎、日本酒といたお酒類も喜ばれるようです。プレゼントしたお酒を一緒に酌み交わせば、心の交流もプレゼントの一つになりますね。
食べものなら、おつまみにぴったりなさつま揚げはもちろん、干物、うなぎ、お肉やグルメなお取り寄せ、コーヒー、フルーツなどもおすすめ。カステラやお酒のラベルに「ありがとう」等のメッセージが直接入った贈り物を届ければ、インパクトもありますね。普段から大好きなものを贈られたら、きっとうれしいはずです。
このほか、ゴルフウェアやシャツ、ベルト、靴下、甚平、ステテコ、財布、ネクタイなど、身に着けるものをプレゼントしても良いでしょう。また、父の日の特徴として、健康を気遣うアイテムも人気なようです。
贈答品に限らず、レストランでの食事や、映画やコンサートチケット、旅行などの体験ギフトもおすすめ。何を贈ろうか迷ったら、ランキングを参考に。プライスではなく、ご自身の予算内で感謝の気持ちを贈ることが大切です。

形式は?メッセージは必ず添えて

決まりはなく、自分らしい贈り方で

特に形式に決まりはありませんが、使うなら紅白蝶結びののし紙がおすすめ。表書きは父の日が一般的ですが、「ありがとう」といった印象に残る言葉を入れても良いでしょう。
本来なら、直接渡すのが好ましいですが、難しいケースでは通販等で宅配を利用しましょう。一番大切なのは気持ちです。
商品によっては、早く注文すると割引があったり、送料無料のアイテムもあるので要チェック。賢くお得に利用しましょう。

日頃の感謝を言葉にのせて

ぜひプレゼントと一緒に、手紙やメッセージカードを贈りましょう。感謝の気持ちを素直に伝える一年に一度のチャンスです。直接言葉で「ありがとう」と言うのは照れくさいかもしれませんが、文章なら意外に伝えられることも。手紙が難しいのなら、メッセージカードで気軽に届けるのもOK。インターネットショップ等では、商品を注文すると無料でメッセージカードを付けてもらえるサービスもあるのでおすすめです。