ギフトマナー辞典
ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
故人をお迎えする大切な行事である新盆(初盆)とは
七月(文月)
 
新盆・初盆
 

故人をお迎えする大切な行事である新盆(初盆)とは

新盆(初盆)とは故人をお迎えする最初のお盆のことです。通常のお盆に必要なものにプラスして、特別に準備しなくてはいけないものなどもあります。新盆(初盆)とはどのようなもので、どんな準備が必要なのか解説します。

新盆(新盆)とは?

そもそもお盆とは?

新盆(初盆)もまたお盆の一種であることに変わりません。そもそもお盆とは何なのでしょうか?
お盆の語源はサンスクリット語の盂蘭盆(うらぼん)、盂蘭盆会(うらぼんえ)で、旧暦7月15日に行われる死者を祀る行事のことです。現在でもタイをはじめとした仏教を文化的背景に持つ多くの国で欠かせない風習として大事に守られています。
日本では7月13日または8月13日から3~4日間にかけて亡くなった方の霊を迎え、再び送る行事として古くから執り行われてきました。その時期になるとお盆の帰省ラッシュが毎年ニュースになるように、故人を偲ぶとともに普段は離れて暮らす家族が集まる日としても認識されています。
お盆の流れとしては、まずお盆に入る前にお墓参りをして掃除をして、仏壇前に盆棚と盆提灯を飾ります。13日に迎え火で死者を家に迎え、16日(15日の地方も)に送り火で送り出します。この間、とくに新盆(初盆)ではお坊さんによる供養の法要を行うことも少なくありません。

新盆(初盆)とは初めて迎えるお盆

新盆(初盆)とは、その名前の通り初めて迎えるお盆のことです。ただし「四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆」なので、もしお盆の期間に亡くなった場合には、次の年のお盆が新盆(初盆)ということになります。
お盆には毎年、僧侶を家に呼んで仏壇の前で読経してもらうという昔ながらのしきたりが残っている地域もありますが、忙しい毎日を過ごしているとなかなかそうもできないかもしれません。しかし、新盆(初盆)だけは法要を行うというのは常識といってもいいでしょう。毎年は難しいとしても、せめて新盆(初盆)は、親族、友人知人などを招いてお坊さんによる読経の後、遺族と参列者が焼香を行い、精進料理を囲みたいところです。お坊さんにとっては年間を通じてもっとも忙しいシーズンでもあるので、遅くとも一ヶ月前には予約を入れておくことをおすすめします。

用意すべきもの

新盆(初盆)の飾り付けについて

新盆(初盆)とは、お盆に必要なものを初めてそろえる時でもあります。たとえば、お盆には仏壇の前に盆棚をしつらえなければいけません。新盆(初盆)でも盆棚の飾り方は基本的に通常のお盆と同じです。
盆棚は、本来は段飾りですが、住宅事情もありますし経机や小机、小さなテーブル等で代用してもかまいません。ただ、真菰(まこも)で編んだ敷物を必ず敷くようにしてください。さらに、盆棚の四隅には葉付きの青竹を立てて上部にしめ縄を張ります。一番奥のしめ縄には素麺、昆布、ほおずきをぶら下げて飾ります。故人の霊は提灯の灯りを頼りに帰ってくるとされているので、提灯に見立てて飾られるほおずきはとくに大切です。
しめ縄で結界を張った盆棚にはまず、仏壇から位牌を取り出して一番奥の中央に飾ります。そして、位牌の前にお盆ならではのお供物を供えるのです。お供えとしては素麺、なすやキュウリを賽の目に刻み、洗米と混ぜて蓮の葉に盛り付ける「水の子」、みそはぎ(禊萩)の花、夏の野菜と果物や故人の好物などを盛り合わせた「百味五果」を飾りましょう。
お盆の期間中は、花瓶や線香立ても盆飾りの上に置きます。なすやキュウリにオガラ( 皮を剥いだ麻の茎)を刺して牛馬に見立てたものは、故人の霊がこの世とあの世を行き来する乗り物です。迎えのキュウリの馬には「少しでも早く帰って来て欲しい」、送りのなすの牛には「できるだけゆっくり帰って欲しい」という願いが込められているともいわれています。13日は内側、16日(もしくは15日)は外側に向けて飾る地方もあるそうです。
飾り付けが終わったら、盆棚の両脇に提灯を一対置いて完成になります。

新盆(初盆)だからこそ必要なもの

上記のように新盆(初盆)とはいえ、必要なものは普通のお盆とあまり変わりません。したがって、新盆(初盆)の時にきちんと準備しておけば、それが末永く使用できるということなのです。ただ、新盆(初盆)では通常のお盆と盆提灯が異なり、模様のない白提灯を飾るようにしている地方もあるので注意しましょう。
また、新盆(初盆)の時に、親戚やとくに親しかった友人が盆提灯を贈るという古くからの風習が残っている地域もあります。盆提灯を贈る場合には白提灯ではなく絵柄の入ったものにするのが一般的です。
もし盆提灯を贈るならば、先方と重ならないように早めに準備することをおすすめします。正式には一対で送りますが、絶対に一対でなければいけないということもありません。誰かと共同でひとつずつ贈るというのも間違いではないのです。
盆提灯は素材やデザインなどによってさまざまな価格のものがあります。大別すると天井から吊り下げるタイプと、スタンド付きのものの2種類があり、住宅事情によって使い分けている人が多いようです。高級ならば喜ばれるかというと一概にそうはいえません。気をつけなくてはいけないのは大きさです。贈りたい相手がどんな盆飾りを用意しようとしているのかによって最適な盆提灯のサイズも異なってきます。まずは、遅くても一ヶ月前には先方にお伺いを立ててみてはいかがでしょうか。