ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
転勤祝いに何をするべきか?
転勤祝い
 

転勤祝いに何をするべきか?

転勤はいわば会社や組織の行事ですから、転勤する方をお祝いするときは会社や組織の慣習から外れないことが肝要です。基本は、所属している部署などの前例に倣うのが無難でしょう。このぺージでは、転勤して行く方を気持ちよく送り出すための一般的な心構えを解説しています。転勤のケースによるお祝いの仕方の違い、贈り物として適したものなどを紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

転勤の種類とお祝いする際の注意点

転勤の種類、栄転とそれ以外

転勤には種類があります。まずは役職が上がったり、以前いた部署より上位の部署に移ったりする場合の転勤は、栄転ということになります。栄転はおめでたいことですから、お祝いをする理由も単純明快で分かりやすいでしょう。
しかし、栄転という転勤がある一方で、そうではない転勤もあります。今までと同程度の役職や部署、もしくは本人の望まない部門へ転勤して行く方を送り出す場合は、お祝いとは言い難いかと思います。栄転するわけではない方も転勤先での活躍をお祈りして送り出しましょう。
また、どちらの場合も転勤祝いをしないことが会社や部署の慣例によってはありえます。とはいえ、それは公的な話ですから、個人的に親しい間柄であれば、勤務時間外にお祝いを述べたり転勤祝いの贈り物を私的に渡すのは構いません。

転勤のお祝いをするタイミングと周囲への配慮

噂や内示などで、正式な辞令が出る前に誰がどこへ転勤になるか、情報が出回ることもあるかもしれません。しかし、辞令が正式に出されるまでは、転勤祝いをするのは控えておきましょう。もし、噂が間違っていたら失礼になります。正式な辞令が下りたのを確認してから、転勤祝いをしましょう。転勤祝いは、どこかお店に場所をとって宴席を開くこともあるかもしれませんし、部署内でこじんまりと、またはお祝いの品を渡して祝意を皆で述べるだけ、ということもあるかもしれません。いずれにせよ、所属する会社や部署の慣習に従っておけば無難です。
また、忘れてはいけないのが、先に触れたように転勤には栄転とそうでないものがあるという事を、心得ておきましょう。通常ですと、より上位のポストの数は限られていますから、椅子取りゲームにあぶれる方が出てくるのは必然といえます。栄転をお祝いされる方がいる一方で、その後塵を拝して涙をのんだ方もいます。転勤祝いをする同じ部署に、そのような方がいらっしゃる可能性にも留意しておいた方がよいでしょう。もしそうした方がいらっしゃれば、お祝いは大っぴらでなく控えめにした方がよいとされています。

転勤祝い、相場と体裁

場合により変わる転勤祝いの相場

転勤祝いにはお祝いの品を贈るのが一般的ですが、予算はどれくらいがよいのでしょうか。個人で贈る場合は、3千円から1万円、部署単位で贈る場合は、1万円から3万円といわれています。また、同じ職場でも何でもない親類や友人知人なら、転勤祝いは贈らなくても非礼に当たらないとされています。ただし、お世話になっていたり、特に親しかったりするならお祝いを贈っても構いません。その際の相場は、親戚や友人知人で、5千円から1万円、兄弟姉妹なら1万円から3万円となっています。予算が低すぎるのも考えものですが、金額が高すぎても、もらった側が恐縮してしまいかねませんので、丁度よい兼ね合いを考えましょう。
転勤祝いを渡すタイミングは、お祝いの席が設けらた場合はその宴席で、そうでなければ、正式な辞令が出てから転勤するまでの間に渡します。もちろんお祝いの席を開くタイミングも、辞令後から転勤するまでの間になります。

転勤祝いの品を贈るときの体裁

転勤祝いの品物を贈る際にも、他の場合の贈答と同じく体裁がありますので、それに則りましょう。のしをつけて、水引は普通のお祝い事で用いられる紅白の蝶結びのものにします。また、表書きには少し注意が必要です。栄転なら「御栄転御祝」「祝御栄転」などとすればよいですが、栄転かどうか微妙な場合や、明らかに栄転ではない場合は、「御餞別」「おはなむけ」という表書きにします。昔の旅人を送るときの餞(「はなむけ」馬の鼻向けの略)に宴を開いたり金品や詩歌を贈った風習に由来しています。

転勤のお祝いと贈り物

転勤祝いで贈るとよいもの

転勤祝いに適しているとされるものには諸説ありますが、一般的にベルト、ネクタイ、手帳、パスケース、ビジネスバッグなどのビジネス用品が好まれるようです。また、時代を反映してタブレットやタブレットケース、スマホケース、電子書籍リーダーなどの家電や、関連用品等も喜ばれるかもしれません。引越しを伴う転勤であれば、転居先で役に立ちそうなタオルセットや、空気清浄機のようなものも候補に入れてもよいでしょう。
また、変わったところでは趣味の品もあります。スポーツが趣味ならボールやグローブ、ラケット、ウェアといったグッズが考えられます。贈る方の役に立つもの、喜んでもらえるものを選びましょう。もし、何を贈ればよいのか皆目見当がつかないといった場合には、カタログギフトもおすすめです。