ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
針供養とは?針供養の意味や由来など!意外と知らない豆知識
季節と暦、行事関連マナー > 2月(如月)
 

針供養とは?針供養の意味や由来など!意外と知らない豆知識

針供養は使っているうちに、折れてしまったり、曲がってしまったり、錆びてしまって使えなくなった針を供養する儀式です。
針を豆腐やこんにゃくに刺し、供養しますが、全国の神社やお寺で針供養の行事が行われています。

針供養とは?

針供養の意味

針供養は、使っているうちに折れたり、曲がったり、錆びたりして使えなくなった針を供養する儀式です。
今はミシンがあるので、何かを縫う時はミシンで一気に縫えますが、ミシンがなかった時代は全て手縫いでした。
今も手縫いで何かを作ることはできますが、昔よりも機会は減っています。
しかしボタンが取れたり、ほつれができたりした時、ボタンの付け直しやほつれを繕うくらいなら使う人も多いと思います。
普通に使っている分には、針が折れるとか曲がることはありませんが、無理に厚手の物を縫おうとしたり、硬いものを縫おうとした時に折れたり曲がったりしてしまうことはあります。
針は針刺しに刺し、裁縫箱にしまっておきますが、保管場所によっては錆びてしまうこともあります。
使った針に感謝の意味を込め供養するのが、針供養です。

いつするの?

針供養は神社で行われます。
全国の神社で、年間行事のひとつとして行われているので、自宅で折れたり曲がったりして使えなくなった針があるなら、針供養の日に持っていけば供養してもらえます。
開催日は地域による違いがあり、関東地方では2月8日、関西地方では12月8日に針供養が行われます。
日本を真ん中あたりで区切り、東から北が2月8日、西から南が12月8日となっています。
ただし神社に寄っては2月8日と12月8日の年2回、針供養を行っているところもあります。

針供養の仕方

正しい針供養

神社などで行う針供養は、今まで頑張ってくれた針に対して感謝をする意味で行う儀式です。
時に硬い物や厚みのある物を縫うこともありますが、供養の時はもう無理をしなくていいよ、という意味を込めて豆腐やこんにゃくなどの柔らかい物に針を刺し供養します。
ただし豆腐やこんにゃくは食べ物ですから、食べ物を無駄にしないという意味でスポンジを使うこともあります。
昔はスポンジがありませんでしたから、身近にある柔らかい物として、豆腐やこんにゃくを使うしかなかったのです。
地域によっては、豆腐やこんにゃくは使わず、土に埋めるという風習もあります。
供養が終わった針は処分されますが、供養してもらえば針も安心でしょう。

自宅でも針供養はできる?

針供養をしたい針があっても、針供養の日に神社に行けないこともあれば、行きたくても近くに針供養をしている神社がないという時は、どうしたらいいでしょうか。
こういう場合は、自宅で針供養をすることもできます。
やり方は神社で行うように、豆腐やこんにゃくなどの柔らかい物でもいいですし、スポンジなどでもOKです。
針に感謝をしたら、紙などに地域のゴミのルールに従って捨てます。
ちなみに分類は燃えないゴミですが、分別方法は地域による違いがあるので、きちんと確認してから捨ててください。
ミシンの針なども供養できますので、使えなくなった針を自宅で供養してあげましょう。

針供養はどこでやる?

全国の神社仏閣

針供養は全国の神社仏閣でも行われています。
地域による時期の違いはありますが、お祓いや供養をしているところなら、大抵の場合針供養もやっています。
全国的にも有名な神社でも年間行事のひとつとして、針供養をしています。
場所により開始時刻が違うので、針供養をしてもらいたい時は、時間を確認し開催時刻より少し前に到着できるように出かけるなど準備も必要です。
針は紙に包んで飛び出さないようにするか、ケースに入れて持っていくと安心です。
針供養は針に感謝し供養するだけでなく、裁縫がうまくなりますようにという願いを込めて供養します。
昔は裁縫を仕事にしている女性も多かったため、針供養の時にうまくなるようにと祈ったのです。
針を使う仕事をしている人なら針供養に行ったことがあるかもしれませんが、供養の後に上達するよう祈ってみてください。

神社仏閣以外の場所

針供養は一般的に神社などで行われますが、地域によっては針供養をしていない神社もあるので、針供養をしたいのにできないと困ってしまいます。
こういう時は、近くに服飾の専門学校がないか探してみましょう。
学校による違いはありますが、針を使うことが多い服飾の専門学校では、学校行事として針供養をしているところがあります。
部外者以外でも利用できるところがあるので、近くに針供養をしている神社がない場合は、直接学校に問い合わせをしてみてください。
また過去には、有名なテーマパークでイベント的な針供養が行われたことがありました。
かなり前に一度だけ開催されましたが、イベントとして神社や服飾の専門学校以外で針供養をするのはほとんどありません。
イベントは突発的なものですから、必ず行われるわけではないようです。
どうしても針供養に行けない時は、自宅でも供養できます。
気持ちを込めて供養すれば、針も本望でしょう。