ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
各地で行われる節分行事!知っておくと便利な節分基礎知識
季節と暦、行事関連マナー > 2月(如月)
 

各地で行われる節分行事!知っておくと便利な節分基礎知識

節分は2月3日に行われる行事で、豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりと全国で様々なイベントが行われています。
数ある年中行事の中でも比較的よく知られていて、豆まきよりも最近は恵方巻きがブームになっていていろいろなところで販売されるようになっています。

節分とは?

節分の意味

節分は春に行う行事で、日本全国で節分の儀式やイベントが開催されています。
節分の意味は、季節を分ける節目で、春の節日が節分になります。
他にも立夏、秋分、立冬と四季に合わせた節分があります。
節分というと春に豆まきをするイベントというイメージですが、4種類ともに節分になります。
ただ現在は、節分を春分としており、それが定着しています。
立春を節分とするのが一般的ですが、2月3日に節分の豆まきをしたり、恵方巻きを食べたりするので、立春が2月3日と思われがちです。
しかし立春は節分の翌日となる2月4日と考えますので、節分と立春は同じ日ではありません。

なぜ鬼が来る?

節分に豆まきをするのは鬼を退治するという意味もあります。
なぜ節分には鬼が来ると言われているのでしょうか?
節分となる2月3日は、ちょうど冬から春にかけて季節が変わる時期です。
季節の変わり目は昼夜の気温差が激しく体調を崩しやすい時期でもあります。
この時体に邪気が入りやすいされます。
昔は具合が悪くなるのは鬼の仕業で、邪気を払うために節分に豆まきをおこなっていたのです。
実際に鬼がやってくることはありませんし、体調管理に注意していれば、季節の変わり目でも体調を崩すことはないでしょう。
この場合は実際の鬼ではなく、邪気に対する対処法として豆まきを行います。

豆まきの仕方

豆は何を使う?

節分に行う豆まきには正しいやり方があるのをご存知でしょうか。
まず豆まきは2月3日の夜に行います。
各地で開催される節分イベントでは、明るいうちに豆まきをしますが、家でやる場合は、鬼が夜にやってくるといういい伝えがあるため、家庭では夜に豆まきをしましょう。
豆まきをするのに使う豆は、大豆です。
大豆は豆まきをする前に炒っておきます。
豆をまくことが邪気を払うことになるため、撒かれた豆には邪気がこもっています。
炒らずにそのまま使うと、豆から目が出てくる可能性があります。
邪気を払った豆から芽が出ると縁起が悪いので、豆は必ず炒っておきましょう。
豆まき用の豆として売っているものは既に炒ってあるから便利です。

豆まきの仕方

豆まきは家主や厄年の人が豆をまきます。
豆をまく時は、鬼は外福は内と言いながらまきます。
鬼は外の時は部屋の中から外に向かってまき、福は内の時は一旦窓を締めてから部屋の中に向かい福は内、と言いながら豆をまきます。
一旦窓を閉めるのは鬼が戻ってこないようにという意味があります。
部屋がいくつもある時は、一番奥の部屋からはじめ、玄関まで全ての部屋で豆をまきます。
ただし今はあまり正式なやり方にこだわらないので、行事というよりは楽しいイベントとして家族みんなが楽しめることが大切です。
豆まきが終わったら、年の数だけ豆を食べますが、数え年になるので今の年齢よりも1個多く食べます。

恵方巻きの意味と食べ方

恵方巻きの意味は?

節分には豆まきイベントをしていましたが、ここ数年で恵方巻きもセットになりつつあります。
節分が近くなると、あちこちのスーパーでは恵方巻きの予約受付を開始しますし、当日にはコンビニなどでもたくさんの恵方巻きを見かけます。
恵方巻きは元々大阪の風習でした。
節分に漬物を使った海苔巻きを作り、商売繁盛を願って食べたのが始まりだと言われています。
それがいつしか全国的に広まり、海苔巻きではなく、恵方巻きとして節分に食べるのが恒例となっています。
毎年恵方は変わりますので、必ずその年の恵方を向いて食べます。
今はあまり気にせず家族みんなでおいしく食べたり、友達が集まり食事会をしたりするのも人気となっています。
恵方巻きは少し太目に作りますが、鬼が恵方巻きを見て、豆まきで退治された鬼が逃げる時、慌てて逃げたために忘れていった金棒に見えるからという節もあります。

恵方巻きの食べ方

節分に恵方巻きを食べるなら、正しい食べ方を実践してみましょう。
恵方巻きには本来、七福神に見立てた7種類の具材を使います。
縁起が良い食べ物ですから、包丁はいれず丸ごと食べます。
その年の恵方を調べておき、食べる前に恵方を向きます。
一度食べ始めたら食べきるまで喋ってはいけません。
途中で喋ってしまうと、福が逃げるからです。
大きい太巻は1本食べきるのが難しく、食べられたとしても時間がかかります。
その間ひたすら無言で食べますが、どうしても途中で喋ってしまうため、最近は最初から半分のサイズにした恵方巻きが人気です。
これなら包丁で切らずに1本食べ切れますし、食べきるまでの時間も短くなるから、無言で食べられると好評です。
自宅で作る時は、自分が食べられるサイズや長さにできるので、ぜひ自分の家で作って食べてみてください。