ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
人とは違うものを贈りたい方にピッタリ、父の日プレゼントの選択
父の日ギフト・プレゼント
 

人とは違うものを贈りたい方にピッタリ、父の日プレゼントの選択

毎年お父さんに向けてありがとうとお疲れ様の気持ちを込めてプレゼントを贈る日が父の日です。毎年のように贈っているので今年はどんな品物にすればいいのか迷ってしまう方もいることでしょう。そんな方に向けて、奇抜ではなく、でもいつもとは違った気の利いたプレゼント選びに関する情報をお伝えします。

食品のプレゼント

チョコレートは定番

ちょっと定番の品にはなりますが、甘いものが好きなお父さんに向けてチョコレートを贈ってみてはいかがでしょうか。
単なるチョコレートではなくプレミア感が感じられる商品を選択すればありがちな贈り物ではなく、リッチで高級感も感じられる素敵な贈り物に変化させることができるものです。
高級ブランドのチョコレートはそれだけでも豪華でプレゼントとしてぴったりですし、ウイスキーなどアルコールが入ったタイプの商品ならただ甘いだけではない、香も楽しむことができるので、アルコール好きなお父さんにはぴったりでしょう。
チョコレートの贈り物にする場合にはお店でラッピングをしてもらうのもいいですが、自分でラッピングのグッズを購入して包装をしてみるのもいいでしょう。
より一層温かみが感じられてより喜んでいただけるものです。

アルコールに合う食品

チョコレートは定番のプレゼントになりますが、ちょっと違ったアルコールに合う品を贈りたいという時にはおつまみのようなものを贈ってみてはいかがでしょうか。
魚に関しては干物が人気で定番となっており、国内で製造された安心な魚の加工食品ならきっとお父さんも大満足ではないでしょうか。
また肉に関してはローストビーフやハム、ベーコンといった色んなアルコールにぴったりな肉の加工品が人気となっています。
こういった酒のつまみのような位置づけの食品はとても好まれますし、また5000円以下で十分に購入ができるため、予算内で手が出るアイテムでしょう。
これらのアイテムを選択する場合には、国内製造や無添加といった安心安全な食品など、気を使っていることがわかるような品をより吟味して贈るという方が多くなっています。

ちょっとおしゃれな品

おしゃれ感のある食品

食品の中でも折角贈るのだから、ちょっと変わったものにしたい場合には、おしゃれな感じがする品を選択してみてはいかがでしょうか。
例えばアルコールならワインやスパークリングワインは品を選ぶことでちょっと違ったプレゼントになりますし、またラッピングをすることでよりおしゃれ感が増すのでお勧めです。
ワインでは海外産の無添加の品やオーガニックのビオワインなどは一般的なワインとは違って安全性にもこだわった素敵な贈り物です。
こういったものに素敵なラッピングを施せば、きっとよりおしゃれなプレゼントになることでしょう。
またワインやシャンパンにぴったり合うワイングラスを選択するのもいいのではないでしょうか。おしゃれなデザインのグラスなら長く使用することができますし、いつもそのグラスで飲んでくれることでしょう。

ビジネス用途のおしゃれな小物

父の日のプレゼントで最も多いのがネクタイではないでしょうか。
ネクタイはビジネス関連グッズの中でも最も定番中の定番のアイテムですが、今年はもっと違うものを贈りたいという方はおしゃれ感を感じさせる品を選択してみてはいかがでしょうか。
名刺入れやカードケースは色合いや質感のいい落ち着きが感じられるものになるととてもクールな印象を与えることができるものです。
これらのアイテムは贈る方の印象や年齢層に関係なくぴったり合うものですし、また選択の際に迷うこともありません。
また最近ではスマホを使用しているお父さんも多いので、ビジネス用の素敵なスマホケースを贈るのもいいでしょう。
革の素材で黒やネイビーなど、落ち着きが感じられる品ならどんな方でも合います。

カタログギフトもお勧め

カタログギフトも人気

父の日というと実用的でお父さんにぴったり合うものをと誰もが考えるものですが、最近ではその傾向も変化を見せるようになってきました。
父の日であってもカタログギフトを贈って自分で欲しいものを見つけてもらう方法を選択する方も多くなってきています。
実際にカタログギフトならその人の好きなものを選んでもらえるので、最も嬉しいプレゼントには間違いありません。
また冊子に掲載されているアイテムも食品だけではなく、小物なども多いので、バリエーション豊富な品の中から選択が可能になっています。
毎年父の日に贈るプレゼントに悩むという方はカタログギフトを選択してみてはいかがでしょうか。

負担のない値段を選択

父の日にプレゼントするカタログギフトでは5000円程度までのタイプであれば失礼にはならないものでしょう。
またそれ以上の金額になるとかえって負担に感じさせてしまうので、一般的にはあまり高額なタイプは避けた方がいいものです。
実際にどの程度の金額にすればいいかですが、3000円か5000円のタイプはちょうどいい金額のラインです。
これらのランクでも十分にいろんなアイテムがありますし、その中から希望のものを選択する楽しさを得ることができるものです。