ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
引き出物のマナーや選び方について
引き出物
 

引き出物のマナーや選び方について

引き出物といえば結婚式の時、ゲストにお渡しするお礼の品です。
平安時代の貴族は馬を贈られ、馬を引いて帰ったことから引き出物と呼ばれるようになったと言われています。
現在はご祝儀や結婚式に来てくれたお礼の気持ちを込めて贈ります。

引き出物とは?

引き出物の選び方

引き出物は結婚式に出席してくれたゲストへの感謝の印として、持ち帰ってもらうお土産のような物です。
引き出物は食器などの品物と、鰹節などの食品、引き菓子をセットにして選ぶのが一般的です。
結婚式場で引き出物も用意できますし、あらかじめセットになっている引き出物を予算に応じて選ぶことができます。
ただしゲストに持ち帰ってもらうので、大きすぎたり、重すぎたりするのは不向きです。
多少かさばるのは仕方ありませんが、持ち帰るゲストのことを考えて引き出物を選ぶのがマナーです。
引き出物の中身については、地域により風習やしきたりを重んじることもありますので、一応双方の両親の意見も取り入れると、揉める原因が減らせます。
相場についても地域による違いはありますが、安すぎず高すぎず、相場も意識して選ぶことが大切です。

相場はどのくらい?

引き出物には相場があるので、相場を知っておくことが大切です。
地域による相場の違いはありますが、全国平均では大体6,500円前後です。
同僚や友人には相場範囲内でもOKですが、目上の人や会社の上司には気持ち多めにするのがマナーとなっています。
大体引き出物と引き菓子をセットにしますので、平均相場を参考に品物を選べば間違いないでしょう。
ただここ最近は、相手により引き出物に違いを付けるのが一般的となっています。
ただし違いを付ける時は、それをゲストに悟られないよう配慮が必要です。

人気のある引き出物

カタログギフト

引き出物を何にするかについては、多くのカップルが頭を悩ませます。
結婚式には親族、仕事先の人、友人など幅広い年齢層の人を招待します。
引き出物にはあまり年齢に関係なく使える品物を選ぶのもポイントですが、それでも時に年齢によってはふさわしくない場合も出てきます。
引き出物にも種類があるので、人により品物を変えることもできますが、人数が多いとかなり大変です。
品物が変わってくると金額も変わりますから、なかなか決まらず慌ててしまい後悔することもあります。
こういう時に便利なのが、カタログギフトです。
カタログに載っている商品の中から、自分の好きな商品を選べるので人によって引き出物を変える手間も省けます。
カタログギフトにはいろいろなジャンルの商品があるので、選択肢は豊富です。
カタログなら重さも大きさも気になりません。
ただしゲストが自分で注文しなければいけないので、メリットばかりとは限りません。

贈り分ける

引き出物にカタログギフトを選ぶ人が増えているのには、いくつか理由があります。
かさばらないのはメリットですが、引き出物を相手により送り分けたい時は、カタログギフトの金額に差をつけても、カタログ自体の大きさや厚みはほとんど同じですから、違いをつけたことをゲストに悟られる心配がありません。
カタログギフトにも金額の違いがあるので、品物で使い分けをするよりも、相手に配慮できるのがメリットです。
同じ金額のカタログギフトでも、内容を変えることで、年齢による使い分けなどもできます。
若い人には若い人向けの商品が多いカタログを選び、年配の人には年配向けの商品が多いカタログを選ぶなど、マナーを意識しつつ贈り分けできるのも人気の理由となっています。

NGな引き出物

自己満足な引き出物

結婚式の引き出物は本来、ゲストへの感謝の気持ちを込めて手渡す物です。
しかしそれが時に、新郎新婦の自己満足の品となり、それをもらったゲストにとってはありがた迷惑でしかないというケースは少なくありません。
これではせっかくの感謝の気持ちも、ゲストの気持ちも台無しにしてしまいます。
NGの引き出物は、新郎新婦の名前や顔写真が入っている食器や雑貨です。
一見いい記念に思いがちですが、もらった方は使いにくいですし、中には使われず物置にしまわれたまま日の目を見ないこともあります。
新郎新婦の出会いをまとめたDVDや、2人のお気に入りや思い出の曲をまとめた音楽CDなども、もらって困る引き出物の上位にランクインしています。
嬉しい気持ちだけで決めずに、それを受け取るゲストの気持ちを考えて選ぶのも引き出物選びのマナーです。

重くて持ち帰るのが大変!

NGな引き出物で多いのが、大皿や鍋、お酒のボトルなどです。
大皿は見栄えもよく、一見引き出物には最適なように思えますが、重い引き出物を持って帰ることになります。
さらに大皿に新郎新婦の名前や顔写真を入れてしまうと、それを使おうと思う人は少なくなります。
鍋も種類がありますが、大きいとかさばりますし、重い物はNGとなってしまいます。
お酒も同じで小さめのボトルならOKでも、大きいボトルは重いですし、ラベルに新郎新婦の名前や顔写真が入った物は意外と不評と覚えておきましょう。
その他食器も重さがあったり、オリジナル性が強すぎたりするとNGとなる傾向があります。