ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
長年の苦労をねぎらう、大切な定年祝いにぴったりの贈り物
定年退職祝い
 

長年の苦労をねぎらう、大切な定年祝いにぴったりの贈り物

長年仕事を続けてきた方に向けて、友人や上司、家族などが定年祝いを贈ることが良くあります。お疲れ様の気持ちとこれからの第2の人生を楽しんでほしいという思いを込めて贈るものです。しかしどのような品を贈れば喜んでいただけるのか、迷ってしまうものです。マナーよく贈り物をするための情報をお伝えします。

定年祝いとは

定年を記念したお祝い

昔から定年を迎えた方に向けてお祝いを贈ることが良くありますが、これを定年祝いといいます。
今では会社によって定年の年齢が異なっていますが、60歳での定年が多くあります。
この年齢に達した時点で一旦仕事を辞めることになりますが、同時に自分の新しい人生に向かって進んでいくことになります。
そんな方に向けて温かい気持ちでお祝いの品を贈りますが、贈った方に向けて喜んでいただけるような品を選択しなければなりませんが、あまり年齢を意識させるようなものよりも、もっとポジティブな気分になれるような贈り物を贈った方がいいものでしょう。
また贈る対象ですが、男性が多いようにも思われますが、女性でも贈り物を贈ることが良くあるので、性別を意識した品の選択を心がける必要があります。

ポジティブな品がお勧め

定年の年齢は60歳が多いものですが、だからといって60歳を意識しすぎたプレゼントを贈ることはあまり望ましくありません。
一昔前では60歳は高齢のイメージがあったものですが、最近では60歳はまだ中年のイメージがあるので、その点でも若々しさを感じさせる素敵なプレゼントを選択するようにしたいものです。
また定年後の新たな人生に向けて役立つような品を贈る傾向もあり、贈られた方の人生に役立つような品にしてもいいでしょう。
また定年祝いの品は職場を完全に辞める段階で贈った方がいいでしょう。
早めに贈った方がいいのではないかと思っている方もいますが、退職をする少し前くらいに贈る方が失礼がありません。

男性向けのプレゼント

定番の品

定年祝いの品は男性の場合、身に着けるものでもいいですし、新しい人生に役立つような品でもいいでしょう。
相場としては関係によって大きく異なりますが、5000円から1万円程度が一般的となっているので、この範囲の中でプレゼントの品を用意していけば安心です。
まず身に着ける品ですが、ビジネス関連の品は避けるようにしなければなりません。
カジュアルな印象のシャツやポロシャツといった気軽に着ることができる品がいいでしょう。
またゴルフなどスポーツを日常的に行っているような方に向けては、そのスポーツに関連するアイテムやウェアなどを贈ると、今後の人生でも役立たせていくことができます。
しかし、衣類などになると相手の趣味に合わせられるか不安になる方もいることでしょう。
そんな場合にはグラスや食器なども人気があるので、こういったアイテムでもいいでしょう。
特にアルコールが好きな方ならそれに合ったアイテムを贈ってみるとセンスの良さを感じさせます。

アルコールも定番

人生の中で役立つものが贈り物としてはいいのですが、相手に合うような品の選択が苦手だったり、失礼がないような品にしたいという方もいることでしょう。
そんな場合にはアルコールを選んでみてはいかがでしょうか。
アルコールは消費してしまうものですが、ゆっくりとしばらくは休んでくださいという意味も込めて美味しいお酒を選んでみるのもいいものです。
特に相手の方が好きなタイプのお酒を選び、レア感があるような銘柄を選んで贈るときっと喜ばれることでしょう。
その場合には、品を贈る前に情報収集して、どんなお酒を普段飲むのか確認してみるといいでしょう。

女性向けのプレゼント

女性に合う定番の品

女性に向けてプレゼントは男性以上に難しいものです。特に衣類になると個人によって好みのカラーやデザインがあるので、好まないような品を贈っても相手を困惑させてしまいますし、また失礼にもなってしまいます。
そのため女性に退職祝いの品を贈る場合には衣類は避けておいた方が無難です。
女性に贈る品としては華やかさを感じさせるものが良く、例えば美しい花やコスメなどがお勧めですし実際にとても人気となっています。
美しい花では鉢植えやプリザーブドフラワーが高級感と美しさを感じさせてとても素敵です。
またコスメでは相手の方が日常的に使用しているコスメを選んで購入をするととても喜ばれることでしょう。
日常的に使用していないコスメブランドよりも、いつも使用しているブランドの方が相手の方も安心して使用することができるものです。

カタログギフトもお勧め

女性の場合、好みではない品を贈っても嬉しく思っていただけないことも多いので、プレゼント選びは難しいものです。
そんな場合にはカタログギフトにしてしまうとこちらで商品を選ぶ必要がないですし、相手の方も自分で好きな商品を選択することができるのでその点でもメリットが感じられます。
カタログギフトは5000円のタイプや1万円のタイプなどがあります。
プレゼントの相場のタイプがあるので、これらを選択して贈ると失礼がありません。
またカタログギフトだけでは多少物足りないと感じる方は花を添えてみてもいいのではないでしょうか。