ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
送料無料も多い便利なお中元通販、大切な方に送るお中元のマナー
お中元
 

送料無料も多い便利なお中元通販、大切な方に送るお中元のマナー

コストと商品選びのバランス

コストを考える

夏の時期になるといつもお世話になった大切な方へ、日頃の感謝をこめてプレゼントを贈ることが良くあります。お中元では様々な商品を贈りますが、贈る側にとってはどんな品を贈ったらいいのだろうかと悩んでしまうものです。
またマナーという面を考え、失礼のないような品物にしなければなりませんから、安易に選択をして贈ることもできるだけ避けたいものです。
ただ贈り先が多くなると、それだけコストも大きく負担になってくるので、その点と折り合いをつけながら上手に商品の選択を行っていく必要があります。
まず特にお世話になっていて、長くギフトを贈っている方に対しては毎年同じくらいのコストをかけながら商品を選択していくといいでしょう。
相手は贈ったギフトについてよく覚えているものですから、露骨に費用を下げていくことは避けた方がいいでしょう。

人によっては上手にコストを下げる

お中元はお世話になった方に向けて贈るものですが、中でもランクをつけてみると、下位に当たる方は比較的低コストで商品を選んでいっても問題はありません。
商品のコストを下げるといっても極端に低価格な商品はあまり扱われていませんから、中でもあまり高くない商品を選択して、また同時に相手が欲しいと思うようなものを想定しながら実際に贈る品物を最終的に選んでいくといいでしょう。
比較的大きな品物は見た目が豪華に見えるので、低コストの品物の中でもお勧めしたいものです。
しかし、商品の価格があからさまにわかってしまうようなものは比較的避けていきたいものです。
商品の価格が露骨にわからないようにしながら、また同時に低予算で購入できるものを選んでいくといいでしょう。

コストを考えた具体的商品

定番品がお得

コストを下げながらできるだけリーズナブルな商品を選択していけば、総額をより抑えて、予算に合ったお中元を贈ることができます。
商品を具体的に選択していく際にはまず定番商品を第一候補に挙げていくと、料金の面でメリットを得ることができます。
定番の商品は比較的リーズナブルなものが多く、実際にこういった商品をお中元のギフトとして選択をしている方が多いということを示しています。
高額なものを好む方はシーフードや高級牛肉など、冷蔵便などの商品を選びがちですが、常温で定番の商品ならリーズナブルなものが多いので、その中から探すことをお勧めします。
定番の夏のギフトとしてはビールやジュース、洗濯用洗剤、植物油などがあります。これらは重量があるので、実際にスーパーなどで購入をすると持ち運ぶのに不便なので、ギフトとしていただくととても嬉しいものですし、また常温で長期保存ができるものなので、ストックとして置いておくことができます。
こういったメリットが感じられる定番商品でリーズナブルなものを選ぶと失礼になりませんし、贈る側としても安く済ませることができるものです。

バリエーションを考える

品物がリーズナブルになると何となく見た目もこじんまりとしてしまうものですが、商品の内容にバリエーションを持たせると華やかさが出せますし、リーズナブルな品物でも比較的安い印象を与えにくいものです。
ギフトによっては違う種類の品物が多く詰められているものがありますが、同じ品物ばかりになっているものよりもバリエーションがあるのでリーズナブルなギフトを贈る場合にはまず選択したいものです。
特に定番の品の中でもいろんな種類が詰められているものを選べばコストを抑えることができます。

購入時期や場所が大切

購入時期は早めに

お中元の時期になると、ギフトコーナーは多くの方が商品の購入をしていますが、この時期に行動を始めるのではなく、もっと前の段階で動き始めるとより一層リーズナブルにギフトを購入していくことができます。
スーパーなどでも最近ではギフトの扱いを行うようになりましたが、早期の段階で購入をすればリーズナブルに購入することができるようになってきています。
さらにポイントが多く付与される日にギフトの購入をすればよりお得になるので、早期で購入日程をあらかじめ決めておくといいでしょう。

送料無料のお店を選択

以前であればデパートでお中元の購入をしている方が多かったものですが、最近ではスーパーやショッピングセンターでも扱われるようになりましたし、またもっと気軽にネットから注文をすることができるようになりました。
そのため、できる限り多くのお店の情報を収集し、その中から最もリーズナブルに注文をすることができるようなお店を選択していくことが大切になります。
特に贈り先が多い場合、送料無料になればトータルで見てみると費用が思った以上に安く抑えられるものです。
特に全国どこに贈っても送料無料になるサービスを提供しているお店を選んでいくようにしたいものです。