ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
夏に爽やかなギフトとして送りたい、お中元のマナー
お中元
 

夏に爽やかなギフトとして送りたい、お中元のマナー

夏の暑い時期に喜ばれるお中元は季節感を感じさせ、暑さから逃れるような商品を選択して贈るときっと喜ばれることでしょう。実際に贈る段階では何を選択したらいいのか迷ってしまうものですが、相手の好みをじっくりと考えて贈れば安心です。マナーを意識して、どのような商品をギフトとして選択し、贈ればいいのでしょうか。

お中元とは

お中元の始まり

夏の時期になるとお世話になった方や仕事上の付き合いのある方などに感謝などの気持ちを込めて贈るのがお中元ですが、歴史はとても長いものです。道教に由来する年中行事として行われていたもです。
本来は旧暦の7月15日に行われるものですが、日本では新暦の7月15日か8月15日とされています。
ただ実際に贈り物をする時期については地域によって異なっており、東日本では7月の初旬から15日までの間に行われており、また西日本では8月の初旬から15日までとなっています。
ただ最近では地域に関係なく、7月の中旬までに贈るのが一般的になっており、この時期に贈ると失礼に当たらないでしょう。

贈る相手とは

贈る相手に関しては特に決まったものはありませんが、一般的には感謝を伝えるのが大きな目的なので、感謝を伝えたい方全てが対象となっています。
よくあるのは会社の上司になりますが、取引先で特に親しくさせていただいている方には、お中元を贈ると今後のつきあいもよりスムーズになるものです。
また特別にお世話になった方へ感謝の気持ちを伝えたい場合にも贈るととても喜ばれますが、毎年贈りたい方もいるため、あまり贈る対象の範囲を広げるとコストの面で負担が大きくなってしまいます。
あまりお中元を贈ったことがない方はどんな方を対象にしたらいいのかわからないものですが、基本的には毎年贈ることが多いため、毎年贈りたい方に限定して贈るようにした方がいいでしょう。
急にお中元が来なくなると贈られる方への気持ちがなくなったように感じられることもあるので、一度だけ贈ろうかと思った場合には思い切って避けることも大切です。

お中元の定番

お中元の始まり

夏の時期になるとお世話になった方や仕事上の付き合いのある方などに感謝などの気持ちを込めて贈るのがお中元ですが、歴史はとても長いものです。道教に由来する年中行事として行われていたもです。
本来は旧暦の7月15日に行われるものですが、日本では新暦の7月15日か8月15日とされています。
ただ実際に贈り物をする時期については地域によって異なっており、東日本では7月の初旬から15日までの間に行われており、また西日本では8月の初旬から15日までとなっています。
ただ最近では地域に関係なく、7月の中旬までに贈るのが一般的になっており、この時期に贈ると失礼に当たらないでしょう。

贈る相手とは

贈る相手に関しては特に決まったものはありませんが、一般的には感謝を伝えるのが大きな目的なので、感謝を伝えたい方全てが対象となっています。
よくあるのは会社の上司になりますが、取引先で特に親しくさせていただいている方には、お中元を贈ると今後のつきあいもよりスムーズになるものです。
また特別にお世話になった方へ感謝の気持ちを伝えたい場合にも贈るととても喜ばれますが、毎年贈りたい方もいるため、あまり贈る対象の範囲を広げるとコストの面で負担が大きくなってしまいます。
あまりお中元を贈ったことがない方はどんな方を対象にしたらいいのかわからないものですが、基本的には毎年贈ることが多いため、毎年贈りたい方に限定して贈るようにした方がいいでしょう。
急にお中元が来なくなると贈られる方への気持ちがなくなったように感じられることもあるので、一度だけ贈ろうかと思った場合には思い切って避けることも大切です。

相手を意識した商品選び

相手の好みを考える

お中元ギフトの選択ではどんな品物にしたらいいのか迷ってしまうものですが、基本的には贈る相手の好みを考えて選択をしていくと間違いはありませんし、とても喜ばれます。
まずアルコールが好きな方であればビールは特に好まれるものです。ビールを購入して自宅まで持って帰るのは面倒なものですから、ギフトで多くいただくとしばらくは購入する必要性がないので、とても嬉しく感じるものです。
またアルコールが苦手な方でもソフトドリンクなら年齢や性別に関係なく、どなたでも喜んでくれるでしょう。
ソフトドリンクでは、リンゴやオレンジなど、様々な種類の商品がセットになっているものが多く、そのため飽きることがありませんし、またいろんな味を楽しむことができます。
夏の時期にはソフトドリンクは多く消費するものですから、失礼に当たりませんし、むしろ購入する手間を省くことができるのできっと喜ばれることでしょう。

常温の商品は相手を選ばない

相手の好みが良くわからないという場合には、最も安定した人気の常温商品を選んでおくと失敗がありません。贈られた相手が困るような品物は避けた方がいいため、常温タイプで収納と保存の面でメリットが感じられるものを選んでいくようにするといいでしょう。
具体的には夏と言えばそうめんやひやむぎです。これらは夏の時期に多く消費する物なので、多くの方が好む安定した人気商品となっています。
また植物油も日常的に使用しますし、いま使用しなくても長期保存ができるので、ストックとしていただいておくと嬉しいものです。