ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
栄転祝いで知っておかなければならないルールがある
栄転祝い
 

栄転祝いで知っておかなければならないルールがある

昇進、昇格、そして、栄転祝いを贈るシーンって、社会人なら必ず、何度も遭遇するはずです。そのようなアイテムは、社会人のコミュニケーションとして大事なものです。 お世話になった上司・同僚が昇進・昇格、栄転が決まったとき、盛大に送り出してあげましょう。

昇進、昇格、そして、栄転祝い

会社には慣例というものがある?目上の人に現金を贈るのは失礼?

昇進、昇格、そして、栄転祝いという場合、同じ部課の仲間たちが祝賀会や歓送会を催すのが一般的流れです。 まず会社には、慣例というものがありますので、そのようなものがあれば、そのルールに従うことが大事です。 そして、目上の人に対して、現金をそのまま贈るのは、失礼なマナー違反とされているために、お金を出し合って、お祝い品を用意するということになります。
そのとき、目上の人たちに対して、「御餞別」と表書きにしてしまうことがあるかもしれません。それはNGです。「御餞別」は、目下の者に対しての表書きです。目上の者、上司に対して、更に、栄転か判らないケースもあるでしょうし、そのようなとき「御礼」とすることが無難です。

昇進、昇格、栄転祝いは何を贈ればいいの?

一見、何を贈ってもいいという思いは、多くの人たちが持っているでしょう。とにかく、贈られる相手に対して、愛情や感謝の気持ちが伝わればいいと。しかし、贈ってはいけないタブー商品がありますので、ちょっとだけ注意をしてください。
まず、靴下や、靴、室内履き、下着はNGです。 下につけるもの、踏んだり、敷いたりするものは、昔から、このようなシーンで贈るべきものではないとされています。

昇進、昇格、栄転祝いに相応しいプレゼントとは

男性にメンズバッグ

ただし、昇格、栄転祝いに対して、それ程、厳しいルールや、マナーが存在している訳ではありません。贈って嬉しいと思ってもらえるアイテムを、それぞれの人たちが考えて贈ってあげましょう。
そのとき、メンズバッグなどが良いのではないでしょうか。人気が高いシリーズのワンショルダーバッグでもいいですし、財布や手帳がスッポリ入るサイズのメンズバッグもおすすめです。 メンズバッグって結構、もっていたとしても、ほとんどの人たちが、二つ程度の使い回しであって、結構、贈られて多くの人たちが嬉しいと感じるプレゼントのようです。
あまり個性の強いものを贈りさえしなければ、ほとんど、嗜好を外すことはありません。

最近では、手帳を贈ることも

スマートフォンが普及して、手帳を使用する機会がなくなったという言い方をしますが、ビジネスマンにとって、手帳など必要アイテムが喜ばれることは昔から変わりありません。

栄転祝いの意味を知る

栄転祝いってなんなの?

栄転という言葉は案外特殊と感じる言葉かもしれません。普段、私達は、そのような言葉をあまり使用しません。ビジネスシーンでは頻繁に使われる特殊な言葉として考えるべきです。
意味を追求すれば、なかなか難しいと感じる場合もありますが、栄転とは、職務や職場が以前よりも良い位置に移ることを言います。それは、給料が上がるというニュアンスとも違い、担当する仕事や、勤務する職場や部署が、良いところに変わるという意味です。誰もが憧れる花形的な部署をさすこともあり、将来の出世につながる部署だったりします。
更にこの言葉には、転勤という意味合いも強くあるようです。

昇進とは違う?

栄転と、昇進を同じような意味あいで使用している人たちも多くいます。昇進の場合、同じ部署や支店内などでよりよい立場に移ることを意味する言葉なのですが、転勤という意味合いはここには含まれて来ません。
ならば、栄転とは異動のことなのでしょうか。しかし、異動は役職や地位が上がるといった意味と直接的に繋がっている訳ではありません。
栄転はただ転勤というのとも違う意味合いを持っています。
そして、栄転の反対は、左遷ということになります。

渡す時期は?

このようなアイテムを渡す期間も大事です。なるべく早くというのが基本ルールとされています。そして、正式発表から1週間後くらいまでには贈るようにします。

昇格、栄転祝いに何を贈れば喜んでもらうことが出来るのか

名入れ記念品

名入れ商品が人気です。昇進、昇格、そして、栄転祝いのプレゼントとして最適です。なるべく役に立つものをお送りしましょう、使わなくなるものなどは控えた方がいいかもしれません。
名入れ商品としては、お酒やネクタイ、ベルトという無難な商品があります。上司の好きなブランドがあれば、それに拘りを持つというのも方法です。

ギフト券はやめたほうがよい?カタログギフトは?

ギフト券を贈るのは、お金ではないから贈ってもよいとか、金額が分かるから現金と同じとか、意見が分かれるところがあります。そのようなときには、相手が欲しいものを選べる、カタログギフトがおすすめです。