ギフトマナー辞典

ギフトの老舗シャディが贈るGIFT MANNERS
メニュー
母の日
 

記憶に残る贈り物、母の日のプレゼントマナーとは?

日頃お世話になっている実母や義母等に贈りたい、母の日のプレゼント。一年に一度の大切な日だからこそ、記憶に残るギフトを贈りたいですよね。定番はカーネーションですが、最近ではスイーツ類も人気。通販を利用して贈る方も多いようです。何が人気なの?おすすめは?母の日の贈り物の疑問にお答えします!

母の日とはどういうもの?

大切なのは気持ちです

母の日は、お世話になった感謝の気持ちを贈る良いチャンス。実母はもちろん、夫婦としてそれぞれの親にありがとうを込めて贈り物を届けたいものです。お子さまが小さいうちは、人への感謝をカタチにする日としてお祝いしても良いでしょう。
どんな形式であっても、親として母の日をお祝いしてくれるのは本当にうれしいもの。カタチにこだわらず、遅れないよう、母の日に間に合うように手配しましょう。
もし、諸事情により母の日に遅れてしまっても、贈ることが大切。遅くなったことを連絡し、プレゼントを届けましょう。

何を贈る?喜ばれるアイテムは?

お花に決まりはあるの?

定番は赤いカーネーションですが、花の本数や切り花、鉢植え、プリザーブドフラワーやフラワーアレンジメント、花束など特定の決まりはありません。凛とした雰囲気のものやキュートなアレンジ、華やかな見た目のものなど、その種類はざまざまです。最近では、カーネーションに特にこだわらず、バラや胡蝶蘭など母の好きな花を贈ったり、吸水性のスポンジに花を生けたアレンジメントも人気。
ただし、花束は花瓶に移しこまめにお世話をしたり、アレンジメントはスポンジの乾燥に気を配る必要があったりと、お花の形態によってお手入れ方法が違います。ライフスタイルや性格も考慮して、あまり負担にならないようなお花を選びたいものです。
迷ったら、比較的長持ちしやすい鉢植えのお花か、水やりの必要のないプリザーブドフラワーがおすすめです。

プレゼントはお花にこだわらなくてもOK

母の日だからといって、お花にこだわる必要はありません。最近では、お花と洋菓子・和菓子などのスイーツがセットになったアイテムもあり、人気のようです。りんごやロールケーキ等の食べ物に「おかあさんありがとう」等のメッセージが直接入った、インパクトのあるアイテムも登場。食べ物で言うと、お取り寄せアイテムもおすすめです。このほか、化粧品、アクセサリー、服、バッグ等、普段から身に着けられるアイテムも喜ばれるようです。迷ったら、インターネット等のランキングを参考にするのも良いでしょう。
物ではなく、レストランにご招待したり、映画やコンサートチケット、旅行やエステなどの体験ギフトでも。
身に着けるアイテムや体験型ギフトは好みもあるので、悩んだら体験型ギフトも豊富に揃うカタログギフトを。ご自分の予算内で、感謝の気持ちを贈りましょう。

贈り方は?メッセージは必要?

形式は特になし、自分らしい贈り物を

アメリカで広まったため、のし紙や贈る形式に特に決まりはありません。気になるようなら、紅白蝶結びののし紙をセレクトするとよいでしょう。表書きは、母の日が一般的ですが、「感謝」等の母の日ならではの印象に残る言葉を入れるのも一つの方法です。
できれば直接渡すのが好ましいですが、遠方などの場合はなかなか難しいケースも。この場合、通販等で宅配を利用してもかまいません。一番大切なのは気持ちだということを忘れないようにしましょう。
商品によっては、送料無料のアイテムや早く注文すると割引がある場合もあるので、こまめにチェックするのがおすすめです。

できればメッセージも伝えて

母の日のプレゼントにぜひ添えたいのが、手紙やメッセージカード。少々照れくさいかもしれませんが、一年に一度のいい機会。せっかく贈り物をするなら、きちんと「ありがとう」を伝えましょう。手紙が難しいようなら、簡単なメッセージカードでも構いません。大切なのは、書いて気持ちを伝えること。インターネットショップ等では、無料でメッセージカードを付けてもらえるサービスもあるので、利用するとよいでしょう。